オーストラリアの生活

一週間の献立て作りで食費も節約♪即実践!簡単献立作りのコツ

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

主婦の主な仕事として、掃除、洗濯、料理があります。

献立

特に料理は家族の健康にも関係してくる大事なもの。

 

大事なのはわかっていても、料理が苦手な主婦にとって毎日献立をたてて料理するというのは大変な大仕事です。

 

できればなんとか楽にならないかと思うところですよね。

 

そんな料理が苦手な主婦のあなたに、毎日の献立と料理をちょっとだけ楽にしちゃう一週間の献立の作り方を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

一週間分の献立を立てる

 

料理が苦手な主婦にとって、毎日の献立を考えて夕飯を作るのはとても大変です。

 

何年たっても苦手なものは苦手だし、料理することにはさすがに慣れてはきますが、慣れたとしても面倒くさいことに変わりはありません。

 

そんな料理が苦手な主婦の私がしているのが、一週間の献立を全て に立ててしまうことです。

 

一週間文の献立を考えるときはちょっと苦しいんですが、慣れればだんだんと時間もそそれほどをかけずに献立を考えることが出来るようになります。

 

一週間分の献立を立てることのメリット

毎日仕事が終わった後に今日は何を作ろうかなと考える時間を省くことができます。

 

冷蔵庫の中の余ってる材料ですぐに献立を考えるというような 技がなくても安心です。

献立をに合わせた必要な材料が冷蔵庫にあるので、悩むことなくすぐに夕飯の支度を取り掛かることができます 。

 

そして何より節約ができます!

 

買い物のときには、あらかじめ必要な材料がわかっているので無駄がありません。

 

一週間分の献立を立てることのデメリット

今日はうどんの気分じゃないな~と思っても、とりあえず献立どおりうどんを作ることになります。(苦笑)

 

「どうしても今日はうどんじゃ嫌!」という気分の回避策としては、翌日の献立と入れ替えるなどして対応することができます。

 

もしもあなたが冷蔵庫にあるものですぐにメニューが思いつくという場合は全く問題ありません。

うどんはまた来週にでも作り直せばOKです^^

 

 

一週間分の献立を作るときのコツ

 

一週間分の献立を作るときに、まずは冷蔵庫を見ないで自分や家族の好きなメニューや定番のメニューを一週間のうち3日分作ります。

 

その後にその3日分の献立で使う用食材の残り物を使ってできるメニューを立ててみます。

 

献立はレシピサイトを見ながら立てるほうがアイデアも思いつきやすく早いです

 

(私はクックパッドをプレミアム会員として利用してます。月々280円(税抜き)で人気順にレシピが閲覧できたり、人気の献立を検索できます。)

 

献立を立てる時は同時に必要な材料も一緒にメモしていきます。

 

献立て作りに困ったときのバックアップ料理を用意しておく

私は一週間の献立て作りにに困った時はご飯ものの料理をよく使います。

 

例えばチャーハンやオムライスやパエリアなど、ご飯だけでほぼおかずは不要というような献立として、ご飯もののレシピがあると助かります。

 

カレーやシチューなども、「ああ!!もう献立て思いつかない!!」ってなったときに、とりあえずカレーでいっかというバックアップメニューとして使います。

 

なるべく家族に人気の定番メニューをバックアップメニューとしてくといいですよ。

 

週末は献立をたてない

 

週末は家族でお出かけしたり、その週に作った余りもので十分な量の夕飯ができたりすることもあるので献立はたてていません。

主婦の休業日ということで週末はリラックスしましょう^^

 

残り物があっても量が足りなかったら、何かお店で出来合いのものを購入して追加したり、外食やお持ち帰り、デリバリーなどを利用してもいいですよね。

 

定番のセットメニューを用意しておく

 

メインの料理を考えたら、副菜などをどうするかという問題がでてきます。

サラダや、胡麻和えや卵系の副菜など、定番やレシピサイトで見つけたものをメイン料理同様献立に書いていきます。

 

登場回数の多いメイン料理などがあるなら、副菜をセットで決めておくと考える時間も短縮できます。

 

例えば我が家の場合、

  • パスタとガーリックブレッド
  • ハンバーグとブロッコリーと人参、
  • 冷凍のパン粉のついたベイク用フィッシュだったらチップスとサラダ

決まったメインとセットにして出せるサイドサイドディッシュを用意しておくと困った時にはとても楽です。

 

食材の買い物時のコツ

 

食材は献立に沿って買い物するので無駄がなく節約につながるのがうれしいですね。

 

ただし、献立に必要な食材以外を買ってはだめ!というわけではありません。

 

買い物の時のコツとしてはその日にセールになっているものがあったら特に冷凍食品は買っておきます。

 

その冷凍食品を翌週以降の献立を立てる時の副菜やメインとして使うようにします。

 

我が家ではシュウマイや餃子、パン粉のついた冷凍チキンやフィッシュ系をセール時に買う頻度が高いです。

 

最後に

 

一週間分の献立て作りをまとめるとこんな感じになります。

  • まずは3日分の献立を立てる
  • 残りの日の献立は3日分の献立の材料で使えるものを中心にたてる
  • 献立が思いつかない!!という時のためのバックアップ料理(家族の好きな定番料理)を用意しておく
  • 登場頻度の高いメイン料理の副菜をセットで決めておく
  • 買い物のときは献立て以外にもセール食品があれば翌週以降の献立てのために買っておく

 

毎日夕方近くになってから、「あ~今晩の夕飯どうしよう。。」と悩まずにすむように、一週間分の献立づくり一度お試しください。

 

スポンサーリンク

-オーストラリアの生活
-, , ,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.