オーストラリアの生活

オーストラリアの失業率が高いと言うけれど。サポート体制を疑問に思う

更新日:

職探し

 

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

今週は仕事が忙しくてストレス貯まり気味です。

でも仕事があるだけでもありがたいというもの。これが突然解雇なんてことになったらどうしますか?

オーストラリアは失業率が高いといわれますが、仕事をまじめに探したい人のサポート体勢に疑問を感じています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

おずさんが失業宣告を受けたとき

 

旦那おずさんは15歳の時から働いています。

15歳から現在44歳まで、一度も政府の失業手当をもらったこともありません。

ペインターの仕事から始まり、宝石工場、写真フレーム工場、日雇い、ポストマン、電気系工場、いろんな仕事をしてきてます。

そして、今はスーパーで働いているのですが、4-5年ほど前、電気系工場で働いているときに、解雇宣言を受けました。

いつまでという期限を前もって知らせてもらえたので、そこから就職活動を始めたわけです。

 

とにかくおずさんは仕事しないと落ち着かない性格というか、失業手当もらって、のほほんと生活するなんてもってのほか!という考えの持ち主。

 

オーストラリア最大の職探しサイト、seek.comで履歴書だしまくったりとか、職安行っては何かないかと躍起になって職探しをしたわけです。

 

 

失業直前に体験して知ったむなしさ

 

実際におずさんが職探しサイトで履歴書を送りまくった結果、まったくどこにもひっかからなかったんです。

それこそ何百件も応募してもです。

 

そして直接働き手を捜している会社に連絡すると、ほぼどこの会社も口を揃えて言われたこのセリフ。

「すでにそのポジションは決まりましたから、今は募集してないです」

 

え?!ってなりますよね!!

 

職探しのサイトの情報が更新されてないってことじゃないですか!!

 

こちらはたくさんの時間を費やして、履歴書やらカバーレターやらを用意するわけですよね。

結果は募集されてないポジションに一生懸命送っていたってわけです。

虚しすぎる。。。この事実を知ってからもう怒りがふつふつと沸き上げり始めてきましたよ。

 

職安は失業しないと助けてもらえない

 

職探しサイトだけでなく職安にも相談しました。

今までの切れることなく働いてきた経験や、職歴などチェックして、そして最後に言われる決め言葉。

「まだあなたは失業してないので、うちでは何もできません」だそうです。

 

職安は、失業者を助けるのみで、失業寸前のおずさんの手助けはできないんだそうです。

 

オーストラリアにはセンターリンクといって、失業手当やら家族手当やらの補助金の手続きをする行政機関があります。

そこでももちろん、仕事探しの手伝いをしています。

失業者が多ければ、それだけ失業手当が出るわけで、政府としてはそんな支出は抑えたいって思うだろうと普通は思いませんか??

 

センターリンクも他の職安と同じ対応で、失業してないから手助けできないが回答だそうです。

 

オーストラリアでは、健康であろうと仕事をせずに、失業手当などをあてにして生活している若者もたくさんいます。

更には子供が数人いたり、シングルマザーやシングルファーザーを装って他の手当てももらえば、それだけで、働いている人と同じくらいの金額になることもあるんです。

 

おずさんは、センターリンクに初めて行ったにも関わらず、常連と思われる人たちと同じようにあしらわれ、挙句には

「まだ貯金もありますよね?」

「車2台あるんだから、1台売ってください」

なんてことを言われて帰ってきました。

 

いやー聞いた私も、さすがにびっくりしましたね。

もうどこにも頼れないねって感じです。

 

 

オーストラリアで職探しは難しい

 

オーストラリアで職探しするのに、一番手っ取り早くて確実なのは、知人の紹介だと思います。

特に政府関連の仕事に関してはそれが顕著です。

 

選ばなければ仕事はあるという意見もあるでしょうが、日雇い、低賃金を長期で繰り返していくのはなかなかできないことです。

本気で仕事をしたい人は誰しも安定した職を求めています。

 

本気で仕事が出来る人で職探ししている人、まじめに職探しをして自力で生活をする人に対して、個人的な理由で転職するのではなく、解雇宣言された状況でサポートできない理由の意味が私には理解できません。

 

仕事に就いて税金を払ってもらうよりも、失業手当を出すほうが割がいいのでしょうか??

 

最後に

 

紆余曲折ありましたが、今はおずさんも無事、安定した職につき、私も働いています。

でもこの先、いつどうなるかなんてわかったもんであはりません。

 

好きなことをしながら、仕事に縛られず、楽しく人生を過ごせる方法を日々模索している毎日です。

 



  5mail

  5mail

  5mail

    5mail

    5mail

    5mail

 

-オーストラリアの生活

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.