食べ物・レストラン関連

寿司がオーストラリアの子供達にも大人気の理由は??

更新日:

一昔前の海外での寿司ブームも落ち着き、今では寿司は特別な日本食というイメージよりも、身近な日本食になっているのではないでしょうか?

 

ここオーストラリアでも寿司は大人にも子供にも大人気。

 

ショッピングセンターのフードコートならほぼどこでも寿司が手軽に買えます。

 

ただ、ちょっとだけ日本の寿司とは違います。

 

お店のオーナーや従業者も、アジア人ではあっても、必ずしも日本人ではなく、中国人や韓国人がやっているお店も多いです。

 

日本の寿司との違いや人気の理由を紹介します。

スポンサーリンク

 

 

日本の寿司とオーストラリアの寿司の違い。

 

オーストラリアの人気で簡単に購入できるお寿司は、巻き寿司です。

中身はバラエティーがいっぱい。

$3弱くらいから購入できます。

寿司

 

$10ちょっとくらいから刺身や握りのセットも売ってます。

寿司

 

オーストラリアで寿司が大人にも子供にも人気に理由

 

オーストラリアでは日本食はヘルシーというイメージがあります。

 

とりわけ、寿司=ヘルシーという考えが浸透しているようです。

 

オーストラリアはアメリカに次ぐ肥満大国。

 

それでも近年では、テレビ番組などによって、健康に対する意識も高まっています。

ジムに通う人が増えたり、個人トレーナーと共にとレーニングしたりと盛んです。

 

寿司が買えるお店も増えて、どこでも寿司を目にするようになりました。

 

手軽に買えて、ヘルシーとなれば、マクドナルドやKFCよりも、寿司を子供に食べさせる親も多いのです。

いまではオーストラリアの子供が、ランチにお寿司を食べる光景もよく目にします。

 

しかし!!

 

マヨネーズがふんだんに使われてます。。。

 

味が濃くなっておいしいのだろうけど、カロリー的にはヘルシーとは言えないかと思われます。

 

揚げ物も多いですしね。

 

選ぶ寿司の種類によっては確かに他のオーストラリアの食べ物よりはヘルシーです。

 

オーストラリアでの人気寿司ネタランキング

 

1位.  からあげチキン巻き

揚げ物系は人気あります。からあげチキン以外にも、チキンカツやえびフライなども人気のメニュー

 

2位. サーモンアボガド巻き

オーストラリアでは刺身=サーモンとなってる人も多いほど、生の魚はサーモンが主流です。

 

3位. 照り焼きチキン巻き

味の濃い系も人気あります。焼肉巻きなども人気メニューです。

 

手軽に寿司を楽しめる場所

 

日本レストランできちんとした日本料理人が作った寿司を食べようとすると、オーストラリアでは簡単ではありません。

 

シドニーなら数も多いですが、ブリスベンには本格的な日本食レストラン自体が少ないです。

 

しかも日本食レストランだとお値段も高いですし。

 

では気軽に寿司を楽しむにはどうするのか?

 

フードコートで寿司を堪能します。

 

ほぼどのショッピングセンターのフードコートに行っても寿司のお店が入っていて、どこも味は大差なくおいしいです。

私がよく行くショッピングセンターにはSushiHub, suhisushi が入っているので、その2つをよく利用します。

SushiHub

Sushi Sushi

hanaichi sushi deli

など。

 

こちらSushi Hubのお寿司。

ガリ、しょうゆ、わさびはカウンターから自分で取ってOK。

サーモンアボカド、スパイシーツナ(まぐろ)、と搔き揚げ。

寿司

 

 

 

 

最後に

 

オーストラリアでは刺身で食べれる魚を手に入れるのは日本のように簡単ではありません。

 

普通のスーパーなどではなく、アジアの食材店や、フィッシュマーケットなどの特別なお店でないと買えません。

 

特にブリスベンでは不便です。

 

なので、簡単に寿司が食べれるお店があちこちにあってとても助かります。

 

お昼時に大きなショッピングセンターの寿司屋に行くと、購入者の列ができていることもあるくらいです。

 

オーストラリアでの寿司はまだまだ人気が続きそうですね。

スポンサーリンク

-食べ物・レストラン関連

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.