海外子育て

オーストラリアの夏休みは宿題なし!?6週間もどうするの?

更新日:

夏休み

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

 

オーストラリア公立学校の夏休みは12月から1月の間の約6週間。(私立になると、プラス1-2週間多い学校もあります。)

 

その長い夏休みの間、小学校、中学校も高校も夏休みの宿題はありません。

ほんとに一切全くありません。

 

日本の学校では夏休みといえば、日記、本を読んでの感想文、工作などなど

夏休みの宿題は風物詩の一つ化してますよね?

 

オーストラリアの学校は6週間もある夏休みだけでなく、その他の休み、春休みや冬休みも宿題はまったくありません。

 

そんなに長い夏休み、一体どうするの??

 

オーストラリア在住の現役2児の母からみた子供達の夏休みの過ごし方を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

オーストラリアの夏休みは完璧なプライベート。登校日ゼロ

 

オーストラリアの学校には部活がありません。

 

日本のようにお盆以外は部活のため登校みたいなことは一切なし。

 

夏休み中の登校日はゼロです。

 

約2ヶ月もの夏休み、生徒と同時に教師もお休みです。

 

夏期講習やら補習、部活などで夏休みでも学校に通うということは皆無です。

 

オーストラリアの学校の新しい年度は1月から始まります。

 

その準備で学校で働いているオフィスの人たちがいることはありますが、子供達の姿は皆無です。

 

日本でよく見かけるような、学校の近くを通るときの子供達の部活の掛け声とかざわめきは一切ありません。

 

閑散としています。

 

 

オーストラリアの夏休みをバケーションケアで過ごす

 

オーストラリアでは、子供だけで家に留守番させる習慣がありません。

 

関連記事>>【要注意!】オーストラリアの子供の留守番に関する法律があるの?

 

さすがに6週間もの長い期間親が一緒につきっきりというのは難しいです。

 

特に共働きの場合は尚更です。

 

そんなときの救世主がバケーションケア。

 

自分の子供が通っている学校に付属している場合が多いです。

 

バケーションケアは普段は、スクールケアと呼ばれ学校の始まる前の早朝と放課後も有料で子供の面倒をみてくれます。

 

夏休みのバケーションケアはアクティビティーがいっぱい用意されてるんです。

 

テーマパークへの遠足、クッキング、アートクラフト、映画館やいろんなゲームなどなど

 

ただし!

 

その日のアクティビティーによって値段が違います。。。

 

当然、遠足とかどこか他の場所へ出かけてのアクティビティーほど高いです。

 

バケーションケアが一人一日45-50ドルくらい。

 

さらにアクティビティーによって20ドルとか30ドルとか上乗せになります。

 

子供二人とか預けると、親が休みを取って子供と家にいたほうが安いんじゃない?となる家庭も多いんですよね。

 

私の場合は、外に出かける余分なお金のかかる日を避けて、利用してました。

 

それ以外の日は、夫婦でそれぞれ休みを調整して有給とって子供と過ごしてましたね。

 

近所に祖父母もいなかったし、夫婦で協力して休みをずらして取るしかありませんでした。

 

関連記事>>海外子育て不安だらけ。育児が辛いと感じる夫婦だけの海外子育て事情

 

オーストラリアの夏休みを利用して家族旅行にでかける

 

この6週間の長い夏休みは12月の始めあたりから1月の末あたりになるので、クリスマス、お正月が含まれます。

 

そのため、働いている両親も長期休暇をとる人が多いです。

 

オーストラリアは仕事でお休みをもらうのは日本のように難しくはありません。

 

家族と旅行に行ったり、親の実家へ遊びに行く子供たちも多いです。

 

オーストラリアは移民の国。親がオーストラリア人とは限りません。

 

祖父母が海外にいるとか、親戚が海外にいる子供たちはたーっくさんいます。

 

現にうちの娘っ子たちも、祖母にあたる私の母は日本ですしね。

 

なので、親の実家へ行く=海外旅行というパターンも多いです。

 

クリスマス、ボクシングデー、ニューイヤーは祝日になるので、祝日に自分の有給を追加してお休みをとったりします。

 

 

オーストラリアの夏休みはアルバイトで稼ぐ

 

中学生になると、マクドナルドやスーパーなどでアルバイトが可能です。

 

しかも夏休みの宿題ゼロ!!

 

普段は放課後の数時間や週末の数時間しか働けない学生にとっては、まさに稼ぎ時。

 

マクドナルドのサービスカウンターやドライブスルー、スーパーのレジやフロアーなど夏休みになると若い学生さんがいっぱい働いてます。

 

関連記事>>海外学生のアルバイト事情。オーストラリアで学生が仕事探す時の注意点

 

6週間もある長い夏休み、子供が出かけるたびに親はお金がかかりますからね。

 

遊びに行くお金もここで少しは稼いでもらいたいですね。

 

 

まとめ

 

長いオーストラリアの夏休み。宿題が全くないと、子供の自由時間が100%!!

 

子供が小学生だと、オーストラリアでは子供だけで出かけることはまずないので、親が付きっきりになることが多いです。

 

中学生とかでも結局は親があちこちに送り迎えすることになるので、大変です。

 

でも親子で過ごす時間も増えるし、子供はのびのび楽しい時間を満喫できます。

 

中学生ともなると行動範囲も広がり、うちの娘達も友達の家に行ったりして過ごす日も増えてきました。

 

小さい頃は大変だけど、こうやってどんどん親離れしていくのだから、宿題なしで過ごす夏休みを子供達とゆっくり過ごすのも悪くないのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

-海外子育て
-, , , ,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.