海外子育て

【要注意!】オーストラリアの子供の留守番に関する法律があるの?

更新日:

お留守番

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

 

オーストラリアで子育てする中で、たまに話題にあがる子供の留守番について。

 

オーストラリアでは子供だけで留守番させると罰金だとか、○○歳以下は一人で留守番させてはダメとかいう話を聞いたこともあり、子供が小学生くらいの頃は「えっほんと?!」とかなり気になってました。

 

昭和時代の私が小学生の子供の頃は「鍵っ子」と呼ばれていた子供達がいました。(今はどうなんでしょう?少ないのかな?)

 

親が働いていて、学校から帰って一人でお留守番をする子供達のことです。

 

家庭のいろいろな事情で子供が一人でお留守番をしなくてはいけない状況もあると思います。

 

オーストラリアでの子供の留守番事情はどうなっているのか?

 

オーストラリアで子育てする時に気になる、子供の留守番に関する情報を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

オーストラリアで子供の留守番は何歳から??

 

「子育て中のママ達と話していると、○○歳までは一人で子供が留守番しちゃダメらしいよ」という話をよく聞いたのですが、○○歳というのが人によってマチマチで、情報もあやふやでした。

 

実際はどうなのか?

 

オーストラリアでは、子供が一人で留守番できるようになる年齢を示す法律が実はありません。(クイーンズランド州を除く)

 

ブリスベンやゴールドコーストを含むクイーンズランド州だけは、以下のサイトにあるように、年齢を提示した法律があります。

Criminal Code Act 1899 364A

 

簡単に要約すると以下のような感じです。

12才未満の子供を合法的に面倒を見ている人が、不当な時間に子供の面倒をみなかったりした場合は軽犯罪となって、
最大3年間の懲役になる。そして不当な時間かどうかは状況による。

 

12才までは留守番不可という訳ではなく、不当な時間に留守番させるのが不可で、時間が不当かどうかというのはす関連する状況によるということが述べられています。

 

オーストラリアで子供の安全は義務づけられている

 

各州によって異なりますが、オーストラリアでは子供の安全・子供のニーズが満たされていることを確認することは法的に義務付けられているとされています。

 

逆に言うと子供が危険な状況に置かれたり、衣服・住む場所・ごはんなどが提供されないなど、親として義務が果たされない場合は犯罪となる可能性があるということです。

 

子供だけを残して留守番させるのは、親自身の判断でこうした子供の安全・ニーズが満たされていると判断する必要があるといことになりますね。

 

主な各州のルールはこちら(英語サイト)で確認できます。

>>ニューサウスウェルス州(NSW州:都市シドニー)

>>クイーンズランド州(QLD州:都市ブリスベン・ゴールドコースト)

>>ヴィクトリア州(VIC州:都市メルボルン)

>>ウェストオーストラリア州(WA州:都市パース) セクション263

>>サウスオーストラリア州(SA州:都市アデレード)

 

 

子供だけで留守番できるかどうかの判断

 

あなたのお子さんが一人でお留守番できるかどうか、それを判断するのはお子さんの年齢ではありません。

 

親であるあなたが年齢に関係なく、お子さんを一人で留守番させても大丈夫か、安全であるかどうかをお子さんの性格や行動などから判断をすることになります。

 

「うちの子に一人で留守番させても大丈夫かな?」と迷ったら、こんなことを自問自答してみましょう。

・私の子供は日ごろから正しい判断ができるか?

・私がいなくても家のルールに従うことがきるか?

・家や近所はどのくらい安全か?

・私の子供は一人で怖がったり心配せずに過ごせるか?

・私の子供は何かあったらすぐに私に電話できるか?

・私の子供は火事などの緊急事態に対処できるか?

 

もしもお子さんが一人になるのを怖がったり不安に感じるようなら、もう少し大きくなるまで待ってあげたほうがいいかもしれませんね。

 

子供の初めてのお留守番

 

我が家は娘が二人なので(2歳違い)一人ではなく娘二人ででしたが、初めてお留守番デビューしたのは長女が13歳位だったと思います。

 

それ以前は例えば私が誰かを駅に迎えに行く15分くらいの間だけとか、数十分単位で子供たちを家に残したことはあります。

 

きちんとした?お留守番として家に置いてきたのが13歳の頃。

 

長女は次女と違って心配性で怖がりな部分があったので一人でお留守番はさせませんでした。

 

子供たちの初めてのお留守番で私が実施したことは。。

・1時間ちょっとの短い時間のお留守番から試してみた

・何かあったら私の携帯に電話するよう言い聞かせた。

・ドアは鍵をかけて出かけ、誰かがノックしても絶対ドアを開けてはいけないと言い含めた

・キッチンの電子レンジ、ガスは使ってはいけない

・長女の言ったことを二女は必ず聞くこと

 

お子さんやお家の状況によっては、クッキングはしちゃダメとか、裏庭には出ちゃダメとかいろいろあると思います。

 

おやつや夕飯・ランチの時間などに留守番をさせる場合はその準備なども必要です。

 

最後に

 

オーストラリアでは子供だけで留守番できる年齢を定めた法律はありません。(クイーンズランドは年齢表記があっても内容は他州と変わりません)

 

留守番させる場合は親の判断で、子供の安全、ニーズが満たされている状態を確保する必要があります。

 

夜お留守番をしてもらう時は途中で電話して様子を確認するのもいいかもしれませんね。

 

 

過保護かな?と思ってもお子さんの性格や状態に合わせてお留守番を少しずつできるようにしていけばいいんじゃないかと思います。

 

大きくなれば一人でお留守番も当たり前にできるようになるわけですしね。^^

 

スポンサーリンク

-海外子育て

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.