食べ物・レストラン関連

簡単パーティー料理レシピ・子供にも大人にも大人気ポテトベイク

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

オーストラリアでは、人が集まればBBQをすることが多いです。

大人数でも簡単で手間がかかりません。

 

人数に合わせてBBQのときは、サラダやら他にも料理して出したりしますが、大人数のときは、簡単でボリュームのあるものなどを作ると喜ばれます。

 

 

今回はお義姉さんが作ってくれたポテトベイクのレシピをご紹介したいと思います。

 

簡単でボリュームあり、見栄えもいいのでオススメです。

 

スポンサーリンク

 

簡単ポテトベイクの材料

 

見た目ラザニアのようなポテトベイク。ボリューム満点で簡単です。

ポテトベイク

 

材料もこれだけ。簡単にどこでも購入可能なものばかりです。

 

材料:
ポテト4-5個(ポテトの大きさや容器の大きさにより変わります)
Thickened Cream(なければ普通のフレッシュクリームでもOK) 今回は乳脂肪分35%のもの使用してます。
フレンチオニオンスープの素(コンソメとか他の粉末スープでも代用できるんじゃないかと思います)
チーズ
パン粉

 

 

容器はオーブン用のお皿があればそれでもOKです。

アルミのオーブン用の容器があれば、使い捨てできて便利なので、今回はアルミのお皿を使いました。

ポテトやクリームで結構重くなるので、オーブンへの移動など、念のため、オーブントレーに入れて使う方が安心です。

 

簡単ポテトベイクの作り方

 

作り方:

1. ポテトをスライスして容器の底に敷き詰めます。

スライサーがあると便利ですね。シャッシャっとポテトの薄切りが簡単にできます。

ポテトベイク

ポテトベイク

 

2. その上にフレンチオニオンスープの素、クリームを振るかけます。

ポテトベイク

 

今回使ったのはこちらのスープの素です。

スープの素

 

3. それを繰り返してレイヤーを作っていきます。(どの高さまでレイヤーにするかはお好みで)

クリーム

 

スープの素は結構味が濃いので、レイヤーごとに少しずつとか、2レイヤーごととかその辺もお好みに合わせて調整してみてください。

今回使ったクリームはこちら。

こちらはオーストラリアのスーパー、ウールワースのホームブランドのものになります。(乳脂肪分35%)
ちょっと濃厚なフレッシュクリームです。

クリーム

 

フレッシュクリームでも代用できますが、フレッシュクリームだとゆるいので、Thickened Creamのほうがオススメです。

Thickened CreamならなんでもOKです。

日本でも35%乳脂肪生クリームたくさんありますね。

 

 

 

4. アルミホイルをかぶせて180度くらいのオーブンで40-50分ほど焼きます。

 

ポテトベイク

 

5. ブロックチーズを削っておきます。

 

オーブンで焼いている間に上にトッピングするチーズを用意します。

今回はBega のブロックチーズを使用しました。

チーズ

チーズ

 

 

6. 焼き色が付き始めたら、いったん取り出し、ポテトにフォークがスッと通るか確認します。

 

ポテトベイク

 

ちょっと固めかなって時は、更にオーブンに入れてやわらかくなるまで焼いてください。

こんな感じの色になってます。

ポテトベイク

 

7. フォークがスッと通れば、チーズを一面に覆うようにかけて、パン粉を振り掛けます。

 

チーズ

 

今回使ったのは、こちらもウールワースブランドの、グルテンフリーのパン粉です。
お義姉さんがアレルギーがあるのでグルテンフリーを使用しましたが、問題ければ普通のパン粉でOKです。

パン粉

 

8. 今度はアルミホイルはかけないで、オーブンに戻し、ちょうどいい焼き色になったら出来上がりです。

 

ポテトベイク

 

作り方の動画もご参照ください。

 

こちら、実際に作った時の動画になります。ご覧ください。

 

 

最後に

 

オーブンで焼くのにちょっと時間がかかりますが、レシピ自体はとてもシンプルで簡単です。

準備できたら、あとはオーブンで焼くだけです。

持ち寄り一品のときにも、作るだけ作って、持って行った先のお家でオーブンを借りて焼くってこともありです。

子供にも大人にも人気の料理なので、機会があればお試しください^^

 

スポンサーリンク

-食べ物・レストラン関連

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.