オーストラリアお役立ち情報

海外在住者オススメアプリ!家族アルバムみてねでできる親孝行♪

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

 

海外在住者にとって、親孝行という言葉は耳が痛いものです。

 

日本になかなか思うように帰ることができなかったり、親に対して何かしてあげることが簡単にできないことが多く、罪悪感を感じることもあるものです。

 

今はスカイプやラインを使って、顔をみながら日本の親と話すこともできる時代になりました。

 

海外在住者にとってはありがたいことです。

 

ビデオチャット以外にも海外在住者ができる親孝行があります。

 

家族アルバム「みてね」というアプリを使って日本の親と写真を共有することです。

 

使い方も簡単で、家族の写真、孫の写真やビデオも時差なくライブで共有することが可能です。

 

海外在住者ができるちょっとした親孝行ツールとしてオススメのアプリです。

合わせて読みたい!海外在住でもできる親孝行スカイプとラインで日本の家族と無料通話♪海外在住者必須アイテム!

 

スポンサーリンク

 

親孝行できないことへのジレンマ

 

海外在住者が抱く罪悪感の1つとして親孝行できないという現状があります。

 

若い頃はそれほど気にすることがなかったかもしれませんが、海外生活が長くなり自分も親になってみると、日本にいる親に対して申し訳ないなと思うことがたくさんでてきます。

 

年に一度帰国できればまだいいほうです。

 

日本にいたらあんなこともこんなこともしてあげられるのに。。。でも現状は会えないし、何もしてあげられないし。。ということで罪悪感を抱く海外在住者は多いのです。

 

でも、できないことを悩んでも仕方ありません。

 

今の現状でできることを探して実行できることを見つけていくほうが大事です。

 

スカイプ、ラインと合わせて、家族アルバムみてね

 

子供が大きくなってくると、お互いに時間を合わせてスカイプで会話するのが難しくなってきます。

 

週末などを利用してスカイプやラインで話すようにしてますが、なにせ、子供達が忙しい!!

友達と出かけていたり、お泊りでいなかったり。。

 

子供達の平日の就寝時間が9時前と早いので、たった1時間の時差の日本でさえ、平日の夜はなかなか時間が合いません。

 

できるときにスカイプやラインでビデオチャットしてますが、そのほかにも子供達の写真を日本の家族と共有することで、更に喜んでもらえます。

 

週末に出かけたときの家族の写真や風景、普段の写真なども、インターネットでアップして日本の家族も同時に写真をみることができます。

 

家族アルバム「みてね」について

 

現在70歳超えの日本の母親でも簡単に見てもらえるような、便利な写真のアプリとかないかなと思って検索してみました。

そこで見つけたのが家族アルバム「みてね」です。

 

無制限にアップロードできてしかも無料、そして、招待した家族だけが見れるという安全面から使ってみようと思いました。

 

子供達の写真をインターネットにアップロードするのは慎重になってしまいます。

その点、招待した家族だけしか見れないというのは親にとっては安心できますよね。

 

自分のタブレットと携帯電話に家族アルバム「みてね」をダウンロード

 

家族アルバム「みてね」を自分のタブレット、携帯電話やPCにダウンロードします。

家族アルバム「みてね」

みてね

あなたが普段写真を撮るのに使うデバイスにダウンロードすると便利です。

私は携帯電話が一番写真撮影頻度が高いので携帯電話にダウンロードしました。

 

最初にアプリをインストールして起動すると、ユーザー登録で、自分の'名前、家族内の関係(私の場合は母)を登録したら、子供達の名前、誕生日を登録します。

 

ここで子供達の生年月日を入れたことで、アルバムの月ごとのトップページに撮影した写真の当時の子供達の年齢が記載されます。

 

パッとみて、そのアルバムのページの写真は子供達が何歳のときの写真なのかが一目瞭然なのです。

 

インストールを含め、使い方や設定方法などは、みてねのヘルプサイトがとても便利です。

みてねのヘルプサイト

 

日本の親を招待する

 

ここが一番の難関です。

 

操作自体は至って簡単なのですが、親の年代によっては自分で操作するのが難しい方もいるかと思います。

 

私の母は70過ぎですが、母ひとりでは絶対無理なので、ちょうど兄が帰省していたときに設定を手伝ってもらいました。

 

口で説明しても、こちらが母側の画面を確認できないので(スカイプやライン、みてねも同じデバイス使用のため)母には全く話が通じませんでした。

 

もしも日本の親が操作することが難しい場合は、誰か側で操作してくれる人がいるときや、あなたが帰省するときに設定してあげるとお互いのストレスがなくていいと思います。

 

親を招待するやりかたもヘルプに記載があります。

家族を招待する

アプリの「家族設定」タブをタップし、「家族を招待する」から招待します。

その際にアプリ版で招待とブラウザ版を招待が選択できますが、親世代にとってはブラウザ版を招待のほうが簡単のようです。

 

 

写真を共有する

 

お互いの設定が完了したらあとは写真をどんどんアップして共有できます。

 

月ごとにアップした写真を自動でまとめてアルバムの形で見れるようになるのでとても見やすいです。

 

例えば携帯で写真をとったら、その写真をみてねに追加すると、今月のアルバムに保存されます。

 

日本の家族もみてねにアクセスするとアップされた写真をすぐに見ることができます。

写真に簡単なコメントを残すこともできます。

 

動画もアップすることが可能です。

 

最後に

 

親孝行というようなたいそうなことではないかもしれませんが、日本の家族に喜んでもらえることは確かです。

 

海外に住んでいてもこういった便利なツールを使って、ちょっとでも日本の両親に喜んでもらえることができます。

 

 

日本にいないとできないことで罪悪感を抱くより、海外にいてもできることを探してみたら、他にもなにか見つかるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

-オーストラリアお役立ち情報
-, , , ,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.