オーストラリアの生活

育児中の家事時短アイデア♪ワーキングママが家事をうまくこなす方法

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

 

働きながら子育て、家事をこなすワーキングママは時間に追われて大忙しな毎日を送っていることと思います。

家事

なんとかして家事をうまくこなしたい、時短できないかなと試行錯誤を繰り返しながら仕事、家事、子育てに毎日奮闘していますよね。

 

私も仕事をしつつ二人の娘(中学生と高校生)を子育てしています。

 

小さい頃よりは楽になりましたが、それでもやっぱり働きながらの家事、育児は時短、効率よく家事をこなせるかどうかで負担は違ってきます。

 

ちょっとした工夫で家事が少しでも楽になるように、育児中の家事の時短のアイデアと家事のうまくこなす方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

掃除を時短とアイデア

 

掃除は毎日しなくても、週に1回仕事のお休みの週末などにしっかりやるというくらいの気持ちで十分です。

 

気になる所があれば簡単にする程度、毎日きちんと掃除をしようとすると心の負担になります。

簡単な手抜き掃除術の紹介です。

 

お風呂掃除の時短

最後に冷たい水でシャワールームやバスタブを洗い流すことで、シャンプーや石鹸のはねを洗い流しすことができます。

これだけでもピンクの水垢がつきにくくなります。

 

また浴室の温度を下げることで湿気がなるべくこもらないようにしてカビ予防にもなりますし。

 

換気のために窓は必ずあけておきます。

 

洗面所の床の髪の毛

特に女の子のいるご家庭だと、髪の毛が洗面所の床に落ちているのが気になることと思います。

洗面所の床の髪の毛はトイレットペーパーやティッシュでササっと取ったらゴミ箱へポイ!

 

毎朝髪の毛をブラッシングした後、トイレットペーパーやティッシュペーパーで髪の毛をふき取るように一箇所にまとめてペーパーでそのまま拾ってごみ箱へ。

 

髪の毛が落ちていなければ洗面所の床はかなりきれいに見えます。

 

洗面台付近に雑巾を用意しておく

洗面台の水はねはそのままにしておくと気になるし、銀色の蛇口付近はとくに見た目も汚れっぽくて嫌ですね。

 

洗面台付近に雑巾を用意しておいて、使った時に洗面台をすぐに拭けるようにしておく

洗面代用に一枚タオルや雑巾を用意しておくと、使った直後にサッとふけて便利です。

 

使い捨て雑巾で台所の床掃除などに使う。

台所の床は毎日の料理で結構油などがとんだりして汚れてしまいます。

 

使わなくなった衣類を適当な大きさに切っておいて、使い捨て雑巾として床掃除用に使用します。

 

洗う必要がないので、床の汚れをサッと拭きたらゴミ箱へ捨てて終わり!

 

使い捨てのカウンタークロスを使うのも便利。

我が家のはオーストラリアのでサイズが大きくてちょっと厚め。

日本の使い捨てのようなパックにも入ってないですしね。。。

小さくカットして使ってもいいし、洗って何度か使ってからポイ捨てしてます。

日本のカウンタークロスはもっと使い勝手がよさそうです。

 

コードレス掃除機で楽々掃除

 

我が家では今掃除機かけはダイソンのコードレス掃除機のみです。

 

コードレスにする前は、普通のダイソンのコードつきの大きな掃除機を使っていました。

 

でもこれ、出すのも面倒だし、コードの差し替えが面倒で延長コードつけて掃除してたんですが、コードが床とテーブルの足の間に挟まったり、壁の角にぶつかったりと、使いづらかったんです。

 

そこでコードレスに買い換えたところ、掃除が本当に楽チンになりました!

 

取り出しも簡単だし、軽いし、なんと言っても子供達が手軽に掃除機をかけるようになったのが一番です^^

 

コードレス掃除機はオススメです。

 

料理時短の工夫

 

時短で料理するには、今晩作る料理のメニューを前もって作っておくのがコツです。

 

今晩の夕飯に何を作るかが決まっていると帰ってすぐに料理にとりかかることができます。

 

1週間のメニュー作りは、料理の時短、そして節約にもなるので是非お試しください♪

 

料理を楽にする方法

買い物した食材を片付けるときに、肉や野菜を小分けにしてしまうと、料理するときの手間が省けて便利です。

特にセールで多めに買ったものは小分けにして冷凍保存してしまいます。

 

ブロッコリーや葉野菜も下茹でして小分けに保存しておけば、使いたいときにすぐに使えて楽チンです。

 

帰ってすぐ料理

 

仕事が終わって家に帰ってすぐ料理するには、今晩の夕飯は何にするかが決まっているとすぐ料理することができます。

考えずにすぐ料理に取りかかれるので時間の無駄がありませんよ。

 

そのためには一週間の献立て作りがオススメです。

 

夕飯はワンプレート

我が家の夕飯はほとんどがワンプレートです。

大皿にごはん、おかず、サラダなどを乗せて一人用としてそれぞれのプレートで食べてもらいます。

 

もともとオーストラリアはワンプレートの料理が主流なので、(ステーキ、サラダ、チップスとか)日本食のときもワンプレートで違和感が全くないです。

 

私は煮物などは別皿にすることもありますが、夫や子供達は汁のでるものでもワンプレートで気にしていない様子。

 

ワンプレートだと片付けも楽チンなんですよね。

 

仕切りのあるワンプレートならどんな料理にも対応できそうですね。

 

金曜と週末は手抜き料理

 

金曜日、土曜日は手抜きの料理日です^^

 

特に金曜日は冷蔵庫の片付けをかねてその週の余りものごはんなどにしています。

 

土曜日は外食したり、家族ででかけた帰りにどこかで買って家で食べたり。

 

週末までがんばったらちょっと家事も息抜きが必要ですよね。

 

今日は夕飯作らなくてもいいんだ~って思うだけで気持ちが楽になり余裕がうまれます。

 

がんばりすぎず、きちんとお休み、息抜きできる日も作っておくのが長続きのヒケツです^^

 

スポンサーリンク

 

お洗濯の時短アイデア

洗濯物も子供が多いと結構な量になります。

子供のが小さい頃は洋服が汚れることも多いので一日に何回か着替えるというのも納得できますよね。

 

でも実は、女の子の場合は大きくなっても一日に何回か着替えるんですよ。。。

 

自分をまるで着せ替え人形のようにして着替えてみたり、ちょっと着て全然汚れてなくてもポンポン洗濯物のかごに入れてくるんです!

 

学校に行くようになれば制服やら体操着やらで普段着にプラスして増えてきます。

 

少しでも楽に洗濯物を時短できるように、実践している簡単な方法の紹介です。

 

たたみながら取り込む

洗濯物を取り込むときに、たたみながら取り込んでしまいます。

コツは、干すときにも、大人服、子供服、余裕があれば子供もそれぞれ長女の服、次女の服という感じでなるべくまとめて干すことです。

 

そうすると、たたみながら取り込むときに、それぞれの洋服をまとめてたためるので、後で本人に渡してしまってもらうのに楽チンです。

 

洗濯を夜のうちにやっておく

夜洗濯をしてハンガーや折りたたみ式のラックなどに干しておきます。

翌朝はそのまま外に出せばいいだけなので、朝の忙しい時間の時短になりますよ。

 

洗濯物を細かく分けない

我が家では洗濯物は1つの洗濯物の入れものに各自入れています。

洗うときはそこにあるもの全てを洗います。

 

バスタオルとシーツは別、あとの洋服は下着も全部まとめて洗濯機に入れてしまいます。

 

新しくて色落ちしそうなもの以外は色分けもなし。

 

高価な服などがあれば別ですが、制服と普段着がメインなので、これで全く問題ないし時間も短縮で◎

 

最後に

 

働きながら子育て、家事をこなすのは大変です。

 

実際に体験して実感しているのは、子育ても家事も完璧を求めないのがいいんだなということ。

 

1年や2年という期限付きではないんです。

長く、それこそ何十年と続けていくことになるかもしれない仕事と子育て家事の両立。

 

適当にできるところを適当にする、妥協できるところは妥協する!

 

楽しみながら家事も仕事も子育ても。。。は難しいですよね。

 

気負わずに、ほどほどに楽しめるときには楽しんでやってみるか~くらいの感じで続けていけたらいいですよね。

 

今回紹介したアイデアで参考になるものがあった取り入れてみてください^^

 

スポンサーリンク

-オーストラリアの生活
-, , , , , ,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.