海外子育て

子供のお泊り会。食事も布団も簡単な海外のお友達お泊り会事情

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

子供が友達の家に泊まりに行くのって、特別なことだと思いませんか?

 

私の中では特別なことだとずっと思っていました。

私が子供の時分は、夏休みなどの学校のお休みを利用して、親戚の家に泊まりに行くくらいでした。

 

友達の家にお泊りに行った記憶は。。。。高校時代が最初だったかも?

 

オーストラリアで子育てしてて、子供のお泊り会に対する考え方が180度くつがえされました!!

 

海外では子供のお泊り会なんて特別じゃなかった!普通の週末でもお泊りあり!

 

オーストラリアでの子供のお泊りに関する考え方や対応、気をつけたいことなどをまとめてみました。

 

お子さんのお友達が泊まりに来たとき、あるいはお泊りに行くときの参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

 

子供のお泊りは何歳から?

 

別に決まりがあるわけではありませんが、うちでは長女が小学校の低学年くらいにお泊りが始まりました。

 

保育園からずっと同じ学校だった女の子で、親同士ももちろん何度も顔を合わせていました。

 

小学校の低学年くらいには、他の学校の子供達も友達の家にお泊りしてましたので、うちが特別早かったわけでもないようです。

 

オーストラリア人のお母さんに、友人の家に週末とか泊まらせるのって普通なの?と聞いたら、「普通よ」ってあっさり答えられました。

 

小学生くらいから、仲良しのお友達の家に週末やスクールホリデー期間中にお泊りするの子供達は多いです。

 

あまり小さいと結局はお泊りできなくて夜中に迎えにいくなんてケースもあるので、一人でも寝れるとか親と離れても大丈夫だと思える時期を見極めるようにしたいですね。

 

 

子供のお泊りの前に遊ぶ日を数回設定する

 

子供のお泊りが普通だといっても、子供の友人なら誰の家にでもお泊りに行かせるということはしません。

 

いきなり親の私が会ったこともない子供の友達の家にお泊りに行くということはないです。

 

子供と話している中で、どんな友達がいるのかはわかっても、全員と会ったことがあるわけではありません。

 

子供が、○○ちゃんの家にお泊りに行ってもいい?

○○ちゃんを家に呼んでお泊りしてもいい?

と聞いてきたとき、私の知らない友だちだった場合は、まずは家に呼んで、遊ぶ日を設定します。

 

週末に友だちを招いて、まずはうちで遊ばせる。

 

親が通常子供を車で送ってくるので、そのときに親に会うこともできます。

たいてい、次回はそのともだちの家で遊ぶってパターンになるので、今度は私が子供をその子の家に連れて行きます。

 

そうすることで、子供がその子のお家で遊んで楽しかったとか、兄弟姉妹がいるとか、その子の親がどうだったとか話してきます。

 

それでだいたいの様子を知ることができます。

 

子供達同士で盛り上げってお泊りしたい!と言われてもその場でOKを出さずにきちんと子供の友達のこと、その子の親や家庭のことも知っておくことも大事です。

 

お泊りではどんな遊びをするのか?

 

一番多いお泊りのパターンは土曜に泊まりにきて、日曜に帰る。

 

そのほかにも、金曜の学校帰りにそのまま泊まって、土曜に帰るというパターンもあります。

 

いずれにせよ小学生の場合は、ほぼ親がどこにでも着いていきます。

 

親が外出中に子供たちだけで家で遊んだりすることはありません。

 

 

外の遊びやお出かけには親が子供と一緒にでかけることになります。

 

公園だったり、ショッピングセンターだったり、映画だったり。

夏なら公共のスイミングプールに連れて行くことも多いです。

 

相手の家にお泊りに行かせる場合は、予め、どこかでかけるの?と聞いておくと、こちらも必要なお金を用意できます。

 

出かけるときのお金は、子供が小学生くらいのときは、相手の親に直接渡しておくほうが安全です。

 

子供はすぐ忘れてしまったり、失くしてしまうことも多いですから。

 

友達のお母さんたちも私に先に渡してくれることが多かったです。

 

ただ、お母さんによっては、「いいわよー気にしないで」とお金を受け取ってくれない場合もあります。

 

その場合は、次にうちに泊まりに来たときや遊びにきたときに、その子をどこかに連れていったりしていました。

 

子供が中学生になると、ショッピングセンターや映画に連れていっても友達同士で買い物をするので、親はあくまで連れていくだけです。

 

お金も自分でもってきて、自分で買い物することがほとんどです。

 

家で遊ぶ時はいろいろですが、大体こんな感じです。

オーストラリア小学生女子の代表的な遊び・クラフト系のアクティビティー(アクセサリー作ったりキーホールダー作ったり) ・お絵かき ・ペイント ・トランポリン ・ネールアート ・ボードゲーム ・ヘアースタイリストごっこ?(Youtubeをみながらいろんな髪型に挑戦する) ・スクーターで外で遊ぶ ・チョークで地面お絵かき ・水風船なげ などなど

 

オーストラリア中学生女子の代表的な遊び・部屋に篭ってコンピューターでドラマや映画をみる ・公園でおしゃべり ・部屋でおしゃべり ・近所を歩きながらのおしゃべり

中学生って遊ばないんですね。。とにかくおしゃべりすることがメインみたい。

 

お泊り会の料理は簡単なもの、アレルギーチェックも必要

 

いよいよお泊りとなったら、食べれないものや、アレルギーがあるかどうかを子供の親にチェックします。

ベジタリアンだったり、ナッツアレルギーだったり、いろいろなパターンがあるので、小学生のときは、親にきちんと聞いておくと安心です。

 

食べ物はこちらでは一番お手ごろで子供が喜ぶピザが多いです。

 

安いし、簡単、しかも子供も喜ぶ。

 

あとは、手巻き寿司じゃないけど、チキンラップみたいな自分で好きな具材を巻いて食べる写真の料理とかもうちでは結構やります。

 

中に入れる具はサラダやチキンその他のお肉、なんでもOK!マヨネーズやすきなソースをかけて巻いて食べるだけ。

これはほうれん草味のラップですが、普通の味つきじゃないラップもあります。

チキンはすでにパン粉つきの冷凍チキンをオーブンで焼いただけです。

簡単だし、自分で好きなもの入れて作れるから子供も楽しめます。

チキンラップ

チキンラップ

チキンラップ

 

あとは定番のBBQ(バーベキュー)や、フィッシュアンドチップスなども。

 

お泊り会での寝具のオススメ

 

寝るのはオーストラリアではベッドが主流。

子供のベッドの下にtrundle bed(トランドル ベッド)という日本で親子ベッドと言われるスペアのベッドがついてるのを使ってるお家も多いです。

ゲストが来たときに下のベッドをスライドして出せるようになっています↓

トランドルベッド

 

 

うちは親子ベッドとは別に、エアーマットレスも使用してます。

ベッド

 

これすごい便利です。

オーストラリアだと、10ドル以下で大手ショップ、Kマートで購入可能です。(7ドルくらいだったと思う)

 

大きさや質は値段によっていろいろですが、スペアのベッドとして子供用に使うならシングルサイズで十分です。

 

 

使わないときは畳んでおけるし、邪魔になりません。

 

また、掛け布団としてスリーピングバック(寝袋)を使うこともあります。

 

オーストラリアでは、学校のキャンプや、家族でキャンプを楽しむ家庭も多いので、寝袋があるお家が多いです。

 

お泊りが複数人になる時は、掛け布団としてではなく、普通に寝袋持参できてねと伝えて、寝袋で寝てもらうということもあります。

 

 

最後に

 

子供が小さいときは、親が一緒にいろいろ遊んだり、どこか連れて行ったりしないといけません。

 

お泊り結構めんどいし、大変だから頻繁にしないでよって子供にも何度も言っていた時期がありました。

 

毎週のように、違う友達の家に泊まりにいったり、うちに泊まらせたりと計画していた時期がありましたから。

 

でもそれも、だんだん同じ友達が泊まりにきたり、泊まりにいったりというパターンに落ち着いていきます。

 

子供はお泊り慣れしてるけど、親も同時にお泊りに対して慣れていくものですね。

 

 

スポンサーリンク

 

-海外子育て
-, , , ,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.