オーストラリアの生活

オーストラリアへの日本食持込み どんな食品なら大丈夫?申告必要?

更新日:

オーストラリアは結構検疫検査の基準が厳しいって思われているんだけど、それだけ自国の自然とかに対する保護に力を入れてるってことだと思う。

基準さえ守っていれば、普通に日本食だって持ち込むことができますよ。

 

せっかく日本で買ってきた日本食がオーストラリアの空港で没収された~なんてことにならないように、おおまかにでも把握しておくといいかもしれませんね。

 

今でこそインターネットでいろんな情報を検索して調べられるから便利だけど、私も昔はどんな日本食品を持ち込めるのか、取られちゃうのかよくわかってなくて、ほとんど口コミで得た情報を頼りにしてました。

 

 

日本帰国者がこちらに戻ってくるときにどういうもの取られたとか、これは大丈夫だったとか、日本人同士でよく情報交換したものです。

 

本当かどうかわからないけど、当時よく聞いていたのは、鶏とか豚という漢字を検疫官が形で覚えていて、見つかると没収されるとか、梅干は今年からは持ち込み可能になったとか、魚は海を泳いで外国まで自由に行くから持ち込んでもいいらしいとか。

 

え~って思いつつも、なるほどねとどこかで納得もできてしまいそうな話だと思いませんか?

 

スポンサーリンク

何がダメで何が持ち込み可能なの??

 

とりあえず、お菓子類、代表的な持ち込みの多いお菓子だと、おせんべい、チョコレート、ビスケット類でしょうかね。

この辺は問題なく持ち込めます。

 

 

肉類は全般的にダメって思っていたほうがいいです。市販の缶詰とか瓶詰め製品なら6ヶ月以上の保存可能な期限がのあるものなら大丈夫。生産国の制限はあるけど、ジャーキーも大丈夫。

 

カレーとかシチューのルゥーに関しては、これも細かい制限があって、動物性食用油脂が含まれてなければOK。

こっちで購入した日本の代表的なカレールゥーの製品内容みたら、動物性食用油脂は含まれてなかった。

でもね、カレーとかシチューのルゥーはオーストラリアでも買えるから、危険を冒してまで持ってくる必要はないと思うんですよ。

 

シチューはアジアの食材店に行かないと難しいけど、カレールゥーなら普通のスーパーでも購入できますからね。

 

カップラーメンも没収になるケースが多いです。ラードとか肉系の具が入っているのが多いですからね。

 

わかめとか海苔、本だしやかつお節も持ち込んで大丈夫です。

 

魚類は内臓と頭が除去してあることというのが基準の一つとしてあるんだけど、私昔に食べる煮干ってのを持ち込んだことありました。

 

これ本来なら没収製品でしたね。たまたま気づかなかっただけなので、本来は内臓と頭つきってことで煮干もダメです。市販の梅干とか漬物も持ち込み可能。

とにかく品目ごとに規定されていて全部を把握するなんて無理。

 

なので、食べものを持ち込むなら、入国カードで食品の持ち込みの質問には「はい」と答えておくのがベスト。

 

そうすると、何を持ってきたのか聞かれるから、お菓子とか見せて、こんものですって言うと、問題なければそのまま通してもらえます。

 

係員によって同じもの持ち込んでも大丈夫なときとダメなときがあるって言う人多いけど、とりあえず私はこれといって没収された食品の記憶はないかな。

 

まああんまり変わったもの持ち込んでないからかもしれないけど。私が持ち込みする食品のほとんどは、お菓子とか漬物とかが多いからかな。

 

ワンちゃんが検疫エリアで働いていたりしているから、ダメなものがあったらそこで見つかることもありますよ。

 

私は昔、まだ娘っ子1号が1歳くらいの頃、機内で赤ちゃん用に出されたかわいいバッグに入ったバナナを食べて、そのバナナが入っていたバッグはお土産にもらっていいものだったんです。

 

それをもらって空港で検疫のチェックで並んでいたらワンちゃんに見つかりました。

 

バナナはもう食べてなかったんだけど、バナナの残り香のするバッグに反応したんです。すごいよね。

 

小さなかわいいワンちゃんだったんだけど、検疫の担当者には事情説明したら、もちろんOKOKってっことですんなり出ました。

 

とにかく日本から食品を持ち込んでオーストラリアに入国するなら、入国カードには「はい」と書いておくと安心です。

 

書かずに没収食品とか持っていたら罰金とか罰則とかになることがありますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

-オーストラリアの生活

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.