オーストラリアの生活

オーストラリアで車の事故 保険や対応方法はどうしたらいい?

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

オーストラリアではとにかくみんな車の運転が荒いです。

 

特にここブリスベンのあるクィーンズランド州は車の運転が荒いことで有名です。

 

運転のルールは日本と同じで、左車線走行なので、日本で運転していた人にとってはそれほど難しくはないです。

 

自分が運転する分には問題ないのですが、ほかの人の車の運転が怖い!!

車の事故も本当に日常茶飯事なくらい、あちこちで起きます。

私も車をぶつけられた経験ありますし。。。。

 

クィーンズランダーの車の運転の傾向、事故にあったときの対応について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

事故が起こるのも納得!運転ルールはあってないようなもの?

運転

ブリンカーは使わない??

 

とにかくブリンカー使わずに右折とか左折とかする人が多すぎです。

高速道路でさえ、車線変更をブリンカーなしで平気でします。

最初は、ブリンカーが壊れているのか?とか単にうっかり忘れているのか?と思っていました。

でもだんだんとブリンカー使わずに運転している人の多さに、単にめんどくさいから使ってないだけ??とちょっと疑ってます。

 

車間距離を開けると割り込まれる

 

車間距離をとって運転していると、たいてい他の車が入ってきてしまいます。

車一台分くらいの車間距離とって走行していても割り込まれます。

 

すぐ目の前に車が割って入ってくるので、割って入ってきた車とまた車間距離を置くために自分がスピードダウンするんです。

 

こっちは車間距離をとって安全運転したいのに、なかなか車間距離を維持するのが難しいんです!

 

慣れれば、またか!!って思うけど、最初は車1台分の車間距離に割り込まれると、突然数十センチすぐ目の前に車が来る感じなので怖かったです。

 

男女関係無く短気な人が多すぎる!

 

運転すると豹変する人が多いっていうのは万国共通でしょうか?

 

ここクィーンズランドはそれがとても多いように見受けられます。

 

しかも、男だろうが女だろうが関係ありません!

自分の前に車が割り込んできたらすごい剣幕で怒る人や、車を止めて喧嘩に発展するケースも多いのです。

 

むっとしてがまんなんてしません。

気が済むまで怒鳴り散らしたり、すぐ隣まで接近して窓越しに罵倒したりということもあります。

 

車の運転で喧嘩になるケースをニュースでもよく放送している程です。

 

自分が気をつけて運転していても、ぶつけられる理不尽さ。

事故

 

私が運転している車は、なんと3回も事故にあってます。

しかも全部相手の車にぶつけられてます。。。

 

1回は私が駅の駐車場を運転中におばあさんに突然横からぶつかってこられました。

 

2回目は旦那おずさんが運転中に携帯電話をいじりながら運転していた若い女性に後ろから激突されました。

 

そして3回目は、おずさんの両親の住む、Nambucca Headsへ遠出した帰りの渋滞で車が止まっていたときに後ろの車にぶつけられました。。。

Nambucca headsの記事はこちらをご参照ください。

Easy going life
関連記事
1970.01.01
Easy going life
https://aust55.net/kanko/nambucca-heads-beach/
毎日を少しでも幸せに楽しく!オーストラリアのブリスベンで暮らす日本人+オージー夫&娘2人の日常生活。国際結婚、子育て、仕事などを綴っています。

 

どれも怪我がないのがせめてもの幸いですが、これはここ7年ー8年くらいでの3回です。

多くないですか??

自分がどんなに気をつけて運転していようが、ぶつけられることは防げないのです。。。

 

オーストラリアで車の事故にあった時の対応について

事故

 

今回最新の3回目を例にとって、実際に私たちがとった事故の時の対応と、RACQ(The Royal Automobile Club of Queensland)が提案している対応についてまとめてみました。

 

RACQはいろいろなサービスがありますが、主に車関連のサービス全般を提供している会社で、車の保険ももちろん提供しています。

 

ほとんどのクィーンズランド在住者ならばお世話になっている会社です。

 

救急車や警察を呼ぶ場合

まず、第一に、怪我人などが出たら、救急車や警察を呼びます。

私達の場合はどちらも怪我がなく、単に車がへこんでそのままお互いに走行可能な状態だったので、連絡はしてません。

 

お互いの情報交換や状況証拠を撮っておく

事故にあったら、まずは相手の氏名、住所、ライセンス番号、車両番号などを確認します。

 

(もしも相手が必要な情報を提示しないような場合で車のナンバープレートが確認できる状況なら24時間以内かできるだけ早く最寄の警察に通知しておくこと。)

 

今は携帯電話にカメラがついているので便利です。

 

免許証の文字などが見えるように名前、住所、ライセンス番号を写真で撮っておけばメモしなくても大丈夫です。

 

気をつけないといけないのが、免許証の裏側に住所の記載があるので、表と裏の写真をとりましょう。

 

今回私達は免許証の裏の写真を撮り忘れ、めんどくさいことになったので、免許証裏の写真を忘れずに撮ってくださいね。

 

あとは、事故の被害状況を同じくカメラに撮っておくと、あと万が一被害状況の証明などが必要になったとき便利です。

 

今回私達のケースでは、ぶつけられた部分の写真を撮っていましたが、使用するようなことはありませんでした。

 

保険会社へ連絡する

 

自分が起こした事故でも、今回のように当てられた事故でも、とりあえずは自分の保険会社に連絡を入れます。

 

ここで私たちは相手の住所が記載されている運転免許証の裏側の情報を写真にとらず、しかも相手の電話番号も聞き忘れていたという失態が発覚。

 

保険会社に車の番号から住所を見つけるられないか聞いてみたら、難しいと思うと、なんとも頼りない回答。

 

おずさんが結局警察へ行って、相手の車の番号を提示し、事情を説明して、自分の電話番号を相手に伝えて欲しいとお願いしてみました。

 

警察が相手の情報を私たちに教えることは当然できないので、相手にこちらの情報をお知らせして連絡くれるように伝えてほしい
とお願いしたわけです。

 

結局相手から電話がかかってきて、事なきを得ることができましたが、警察の話だと、保険会社が相手の住所を調べることは可能なんだそうです。

 

ただ、その住所を調べるのに、サービス手数料を保険会社が別の会社に払うため、できないと断られたのではないかということでした。

 

もう、こっちはもらった事故でこれから修理とかただでさえめんどくさいことになってるのに!!

相手の住所をもらいそこねた私たちが元々の原因ではあるんですけどね。

 

とりあえず保険会社が、修理の見積もりとかとるのにどこに車を持っていけばいいかなど教えてくれます。

 

保険会社で指定された修理屋で直すと、そのあと同じところが壊れても保証されます。

 

同じ箇所は無料で再修理されるので、保険会社が提携している指定されたところで直すほうがいいです。

 

 

「オーストラリアで車の事故 保険や対応方法はどうしたらいい?」のまとめ

 

クィーンズランド州は車の運転が荒いことで有名。

ブリンカーを使わない運転者が多い。

車間距離はとっていると間に入り込まれる。

男女関係無く短気な運転者が多く、喧嘩になるケースも多い。

RACQはクィーンズランドで大手の車保険会社。

車の事故でけが人が出た場合は、救急車や警察を呼ぶ。

事故にあったら、お互いに情報をきちんと交換しておくこと。携帯で免許証の表裏の写真を撮るとよい。

自分がぶつけた場合、ぶつけられた場合どちらでも、保険会社に報告はしておく。

修理は保険会社が推薦する修理屋にお願いするほうがよい。

 

とにかく、3回目の事故は後ろから、止まってる私の車にいきなりがっつり当てらました。

アクセルとブレーキの踏み間違えとしか思えません。

みなさんも、車の運転には十分気をつけてくださいね。

万が一事故にあったら、とにかく相手の情報をもらう!!ってことだけでも覚えておくといいと思います。

 

スポンサーリンク

-オーストラリアの生活

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.