国際結婚

国際結婚して海外在住。いつか日本へ帰りたいと思う日が来るのか?

更新日:

日本

 

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

 

国際結婚して相手の国に住むということは大きな決断です。

 

住み慣れた日本という国、親、兄妹、友人と離れて外国で生活していくのです。

本当に海外でやっていけるのか?ホームシックになったらどうする?言葉の問題は?いっぱい悩むことと思います。

 

私はオーストラリアに住むようになって24年の月日が経ちました。

 

そんな私が今日本に帰りたいと思うかどうか?

 

答えはNoです。

 

オーストラリア生活24年の中で「日本に帰りたい!」「日本で生活したい!」と思ったこともあります。

 

でも気持ちは変化していきます。

私の心の変化、ここオーストラリアで暮らして行くことへの気持ちについてお話したいと思います。

 

国際結婚して海外に住んでるけど、日本に帰りたくて悩んでいる方の参考になればいいなと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ホームシックにさえならなかった若かりし頃

 

私が初めてオーストラリアに来たのは22歳の時、ワーキングホリデーで1年の滞在予定でした。

これといった目標もなく、日本で就職してその先に続く明るい未来の生活が想像できなかったからというような、なんともいい加減なものです。 苦笑)

 

日本脱出の手段としてワーキングホリデーを利用したといった感じですね。

 

とにかくオーストラリアに来てからワーホリ時代の1年はまったくといっていいほどホームシックにもなりませんでした。

日本で高校卒業後、大学行くのに一人暮らしした時のほうがよっぽどホームシックでした。 苦笑)

 

ワーホリ時代に今の旦那おずさんに出会い付き合い始めました。そして同棲、婚約を経て結婚。

結婚の時点でオーストラリア在住暦7年ほど経ってましたが、日本に帰りたいと思ったことは皆無。

 

ホームシックにさえなりません。

 

もう私一生ホームシックにもならず、日本に帰りたいなんて思わずにオーストラリアで暮らして行けるんだわ位に思ってました。

 

周りの日本人の友人達は、日本に帰りたいとか、毎年1回以上は里帰りしたいとか、ホームシックになったとか言ってたんです。

 

当時そんな友人達のほうが私には不思議に思えたほどです。

 

 

今頃ホームシック?!それは突然やってきた

 

私が日本に帰りたい、日本で生活したいと思うようになったのは子供が生まれてしばらくしてからです。

 

自分でも驚きました。

 

一時は子供が小学生に上がる前に一家で日本移住できないかと考えたくらいです。

おずさんは日本が好きで、私よりももっと積極的に日本での生活を考えてくれていました。

 

でも、実際問題としてやはりおずさんが日本で生活することのほうが大変だろうと思っていたんです。

 

英語教師ならどう?と思ってみてみても、当然ですが、最終学歴が大学卒業が大前提となってて、誰でも英語が話せれば英語教師になれるわけではありません。

 

おずさんは大学でてませんし、日本語も話せませんし、当時30歳後半にさしかかり日本で就職は難しいだろうと予想されます。

 

考えれば考えるほど現実味がなくなっていきました。

 

日本に戻って住みたいと思うけど、日本での生活も大変になるだろうな、でも絶対日本のほうがいい!!住みたい!!帰りたい!!

 

そんな気持ちをホームシックを自覚してからしばらくの間何度となく繰り返しました。

 

 

自分の気持ち次第で見え方が変わる

 

ホームシックになったら、自分の考え方、オーストラリアの見方が変わりました。

 

今までは、おおらかでのんびりしてると思っていたオーストラリア人も、雑でサービスから何から遅すぎるって思ったり。

 

自然がたくさんあってステキだなって思っていたオーストラリアに対して、店も少ないし遠いしすごく不便って思ったり。

 

「だからオーストラリアは嫌なんだよね」とか「日本だったらこうなのに」とか、私は何様??みたいな暴言を吐きまくっていたと思います。。

 

同じく日本に戻って住みたいって思っている友人達と、日本の自慢話、日本だったら。。。みたいな話をよくしていました。

 

ホームシックの時に一番ネガティブに思い悩んだのは言葉の問題です。

 

今なら今後も英語の問題は、気長にのんびり付き合っていくしかないわね。と思えるんですが、ホームシックの時は、全てに否定的なんです。

 

言葉の問題をこの先ずっと抱えて生きていくの嫌。とか、子供ときちんと日本語で心から会話できないの嫌。とか。

 

ぐちぐちとおずさんにも、周りの人たちにも文句言ったりしてました。。。

 

スポンサーリンク

 

ホームシックに効く即効薬はない

 

 

こうすればホームシックを解消できますよ!という即効薬ってないと思うんです。

 

ホームシックになった原因がはっきりわかっていて、それを解消できれば解決するのですが、原因がわかっててもそれは解消できない問題だからホームシックになるんですよね。

 

四六時中ホームシックになってるわけではなく、ふとした時、ああ、日本だったら。。って思う出来事などがあったりして、日本に帰りたいってなっていました。

 

そんな時は今の生活でできる、ホームシック解消法を試していくうちに、気持ちが落ち着いてくることがあります。

 

私は日本の旅番組を良く見ました。お寿司を立て続けに食べたり、英語で難しいことは考えず、日本語の動画やテレビを見続けたり。

 

そんなことを繰り返しながら、私はオーストラリアで生きていくんだなとまた思えるようになってきました。

 

 

歳をとるにつれて郷愁へと変化する

 

現在47歳の私。ホームシックを自覚したあの時から、もう長いことなっていません。

 

今は日本への郷愁の思いが強いです。

 

ホームシックって日本にどうしても帰りたくて帰りたくて、でも帰れなくて涙する。。。って感じだと思うんです。

みなさんのイメージは違いますかね?

 

でも今の私の思いは、日本をとても懐かしく思うんです。

 

これが郷愁という思いじゃないかと思ってます。

 

日本ではこうだったな、ああだったなとよく考えます。いろんなことをふとした時に思い出します。

 

そんな時、日本に行きたいなぁと思いますが、日本を思って辛くなったり、悲しくなったり、帰れない今の状況を嘆いたりとかはないんです。

 

昔は、日本の便利さ、日本の家族、食べ物、日本語の生活、そういうもがある生活に戻りたくてホームシックになった節があります。

 

今は、日本の四季、それに伴ったそれぞれの行事、日本の風景、そういう自然な生活的なものがとても懐かしく恋しいという感じなんです。

 

 

単身で日本へ行って気づいたこと

 

去年オーストラリアに来てから初めて、単身で日本へ行きました。

 

毎回日本に行くときは、おずさんと二人とか子供ができてからは家族全員で、もしくは私と子供だけという感じでした。

 

オーストラリア在住の日本人主婦の中には、一人で里帰りされる方も結構いるんですよ。

 

旅行ではなく、ゆっくり里帰りが目的だったり、親の面倒みたり。

 

子供が大きくなってくると一人で日本へ里帰りすることもだんだんできるようになるんですね。

 

で、一人で日本へ2週間の予定で行ったのはいいのですが。。。。

 

成田に着いて早々、オーストラリアに戻りたくなってしまいました。

 

子供の面倒もみなくていい、通訳する必要もない、自分は100%言葉理解できるし、食べたいもの食べれるという天国のような環境でまさかの逆ホームシック!!

 

実家に帰ってから戻ってくるまでの2週間、ほぼ毎日オーストラリアの家族とスカイプしました。。。

 

そこであれ??って気づいたんですよ。

 

日本とオーストラリアという2つの国、どちらに住むかというので迷ったり悩んだりしてたこともあったんだけれど、私にとってはそれ以前に誰と一緒にいるかのほうが大事だったんですね。

 

一人で祖国である日本にいても、心が満たされないことに気づきました。不思議なものです。

 

実家で母の作るおいしい料理も食べて、日本語で好きなだけテレビをみて、外はきれいな日本の景色が広がっていて。

 

もちろんとても楽しいし、好きな料理を好きなだけ食べてお腹も満足。

 

でもなんか違ったんです。

 

オーストラリアでおずさんと出会って、その生活に満足してたから、長いことホームシックにかからなかったんじゃないかな??と。

 

小さなストレスが溜まり出してホームシックにはなったけど、結局はおずさんと子供達と一緒にいる生活があったからまたホームシックもなくなったんじゃないかなと。

 

あのときおずさんとの関係がうまくいってなかったりしたら、もっと深刻なホームシックになっていたと思えます。

 

日本とオーストラリア、どちらに住むにせよ、誰と一緒にいるのかがまずは一番大事なんだなと、一人で日本にいながら実感しました。

 

海外在住の寂しさや不安をやわらげたい

 

国際結婚で長い海外生活を送っている日々の中で、ホームシックや寂しさを感じるときは誰にでも訪れるものです。

 

気持ちには浮き沈みがあるもの。寂しく感じる時もあれば、いつのまにか楽しく穏やかな気持ちで海外生活を送っていたりもします。

 

 

 

 

最後に

 

今の私は、ここオーストラリアで今後もおずさんと子供達と共に暮らしていくのだろうと思ってます。

 

最初にも述べたように、日本に帰りたいかと聞かれたらNoです。

 

帰るという気持ちはないけれど、行きたいという気持ちは常にあります。

 

子供が独り立ちしたら、おずさんと二人、日本に1年住んで四季をもう一度体験したい!!

 

日本に対する郷愁は常にありますが、ホームシックになることはもうないだろうなと思います。

 

長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

-国際結婚

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.