海外子育て

海外子育てに車が必要な4つの理由♪車社会オーストラリア子育て事情

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

海外で子育てを予定しているプレママには是非とも車の免許は取っておくことをオススメします。

車社会のオーストラリアで子育てするなら車での移動が便利なことが多いです。

特にここブリスベンで子育て予定なら、なおさら車の免許は必要です。

 

海外の子育ての移動手段として車が必要なだけでなく、海外で車を運転することは、自分自身の自信につながることもあります。

 

子供が生まれてからでは免許取得の時間などはとれないでしょうから、子育てが始まる前から運転免許を取得し、運転に慣れておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

海外子育てに車が必要な理由1:公共交通機関が不便すぎる

電車

 

子供を連れて病院や友人宅など、どこかに行かないといけない場合、とにかく車なしでは不便です。

 

目的地が電車で移動可能な場所だったとしても、駅まで行くのに車が必要となったりします。

 

バス停が家の近くにあって駅までいけるとしても、バスと電車の時間がうまくリンクしていなかったり、時間通りに来なかったりということも多々あります。

 

電車は平日の昼間は20-30分に1本くらいです。

シティー中心部のセントラル駅付近以外はほぼ単線なので、乗る電車の選択肢がありません。

 

シティー近辺に住んでいない限り、ちょっとシティーから離れた場所に住んでいるお母さんには、車なしで子育てするのは大変です。

子育ての負担やストレスを軽減させる意味でも、自分で車の運転ができるようにしておくことは大事です。

 

海外子育てに車が必要な理由2:ママチャリで子供とお買い物はなし

ママチャリ

 

オーストラリアでは、日本のお母さんがするように、子供をおんぶや抱っこ紐などで抱いた形で自転車でお出かけすることはありません。

 

自転車で食材の買出しをするという感覚もないんですね。

 

食料の買い出しは1週間やそれ以上のまとめ買いをするのが主流ですし、日本のママチャリ的な自転車も普及していません。

しかも自転車は車と同様に車道を走ります。

子供を乗せて買物袋を掲げて車道を走るのは危険すぎます。

 

海外子育てに車が必要な理由3:自分で行動できることは自信にもつながる

運転

 

海外で初めての子育ての場合、わからないことだらけです。

不安なことも多く、旦那さんにほぼ頼りっきりになってしまいがち。

 

私も最初の子供の子育てには、おずさんにいちいち細かいことを聞いたり、病院の先生と会う時も不安なときは一緒に来てもらったりと、本当に頼ってばかりでした。

 

何でもかんでも頼ってしまうと、なんとなく自分ってダメなんじゃないか?とか、こんな状態でお母さんになってしまっていいのだろうか?とか、気分が落ち込んでしまいがち。

 

そんな不安だらけの海外での子育て中、自分で運転して行動できるということだけでも、自分の中では自信につながるんです。

 

え?!運転するだけで自信になんてなるの??

 

って思うかもしれませんが、できないことばっかり、頼ることが多いことばっかりという日々の生活の中で、ほんのちょっとしたことでも、自分ひとりでやり遂げることができるというのは、小さなことでもうれしいのです。

 

日本にいたら当たり前に自分でできていたことが、海外では人の手を煩わせてやってもらうことが多くなりがち。

 

だからこそ、自分でできることがあれば、小さなことでも自信につながります。

 

 

海外子育てに車が必要な理由4:車の運転は子供のため、そして自分のため

運転

 

子供が幼稚園や小学生くらいになると、行動範囲も広がってきます。

 

週末にお友達と一緒に相手の家や自分の家で一緒に遊ぶ計画をしたり、お泊りもするようになってきます。

 

オーストラリアでは小学生くらいから友人宅にお泊りに行きます。

 

もちろん、誰のお家へでも構わずお泊りに行かせるわけではありません。

 

お泊りや遊びに行くお家へ運転して連れ行き、その子の親と顔を合わせるということも重要になってきます。

 

誕生日会やイベントへの参加など、子供たちが夕方や夜に外出することも増えてきます。

 

バスや電車の本数は週末や時間帯によって減りますし、安全面も考慮したら車の送り迎えがベストです。

 

子育てしながら仕事することになったら、保育園への送り迎えや通勤手段としても必須です。

 

そして自分自身のためにも運転は必要になる可能性大です!

 

私は子育て、仕事、家事、更年期障害によるホルモンバランスの変化?もあったんじゃないかと思うのですが、イライラしてどうしても我慢できなくなったことがあります。

 

なんだかすごく悲しくなって、一人になりたくなって、おずさんが週末で家にいたので、とりあえず気分転換に一人で出かけてくると言って子供のことをお願いし、40分くらいかけて海までドライブしてボーっとしたことがあります 苦笑)

 

今思うと何だったんだろう??って感じなのですが、その時はとにかく一人になりたかったんでしょうね。

 

海で一人、好きな日本の歌をイヤホンで聴きながらボーっとした後はすっきり気分で運転して家に帰りました^^

 

子育て中、心の浮き沈みがあるのは当然。

 

一人になりたくなることもあるでしょう。

 

子供だけでなく、自分の行動範囲を広げるためにも、自分で運転できることは便利です。

 

 

最後に

 

年を取ってくると、物覚えも悪くなるし、運動神経や反射神経も鈍ってくるもの。

 

できるなら若いうちに免許を取って、ガンガン運転して慣れておくといいですね。

 

運転ができるのとできないのとでは、オーストラリアではかなり行動範囲に影響します。

 

オーストラリアで子育てをするなら、やはり車の運転ができるといろいろ便利です。

 

スポンサーリンク

-海外子育て
-, , ,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.