オーストラリアお役立ち情報

オーストラリアと日本の時差。サマータイムのおもしろ話!?

更新日:

海外旅行に行く国との時差って結構大事ですよね?

せっかくお金も時間もかけて旅行に行った先で、時差ぼけで楽しめなかった。。とか、日本に戻ってからも体調戻すのに大変だったりとか。

 

その点オーストラリアは日本との時差は通常なら1時間前後!

 

旅先でも日本に戻ってからも通常通りの生活リズムをキープできます。

日本とオーストラリアで電話のやりとりなどするにも時差をそれほど気にせずできるので楽チンです。

 

唯一の注意点としては、サマータイム時間という期間があること。

Daylight saving time(デイライト セービング タイム)と通常呼ばれます。

 

オーストラリアの夏10月から4月にかけて実施され、1時間時計の針を進めるんです。

 

オーストラリアのサマータイムについて紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

サマータイムの目的とは?

 

その昔、キャンドルの使用量を減らすために始められたと言われています。

今でいえば、昼間の時間が長くなることで、電気の使用量が減るという考えですね。

あとは私たちの活動可能な時間も長くなります。6時すぎても明るいですから、外で遊んだり、でかけたりと行動時間が広がります。

 

サマータイムの実施地域

 

以下にオーストラリアの主要都市との時差を表にしてみました。

通常は日本のほうが1時間もしくは30分遅れています。

色のついた地域はサマータイムを実施していませんので、日本との時差はいつも同じです。

(単位⇒時間)

主要都市 日本との通常の時差 夏時間の時差
ニューサウスウェ-ルズ州 シドニー +1 +2
ヴィクトリア州 メルボルン +1 +2
クィーンズランド州 ブリスベン、ゴールドコースト +1 +1
タスマニア州 ホーバート +1 +2
西オーストラリア州 パース -1 -1
南オーストラリア州 アデレード +0.5 +1.5
首都特別地域 キャンベラ +1 +2
ノーザンテリトリー ダーウィン、エアーズロック +0.5 +0.5

 

 

上記黄色の週、夏時間が実施されていない州のみの時差はこちら↓

(単位⇒時間)

主要都市 日本との通常の時差 夏時間の時差
クィーンズランド州 ブリスベン、ゴールドコースト +1 +1
西オーストラリア州 パース -1 -1
ノーザンテリトリー ダーウィン、エアーズロック +0.5 +0.5

 

見方は、+1は日本より1時間進んでいるという意味ですので、例えば日本時間午前11時だった場合は以下のようになります。

主要都市 日本時間11時 日本時間11時(夏時間)
ニューサウスウェ-ルズ州 シドニー 午後12時 午後1時

 

サマータイム実施期間

デイライトセービングが実施されるのは、オーストラリアのサマータイム、にあたる10月の第1日曜日午前2時から4月の第1日曜日午前3時となります。

今年2018年のデイライトセービングだと、以下のようになります。

2018年10月7日午前2時に時計を午前3時に進める

2019年4月7日午前3時に時計を午前2時に戻す

という感じです。

 

今住んでいるブリスベンにはサマータイム期間のデイライトセービングは実施されていないんですよ。

 

昔シドニーに住んでいたときは、サマータイムが始まるときは、「あ~明日はいつもより1時間早起きしなくっちゃ」。

サマータイムの終わりには、「やった~明日は1時間寝坊できる!!」なんて言いながら寝る前に時計を進めたり戻したりしていたものです。

 

オーストラリアの時差と現在時刻

オーストラリアの時差と現在時刻を知りたい方はこちらをご参照ください。

オーストラリア全州の現時刻を確認できます。↓

 

オーストラリアの時差と現在時刻

 

サマータイムおもしろ話

 

サマータイムを実施していないクィーンズランド州ですが、サマータイム実施に対する賛成反対意見の対立があり、よくニュースでも時期がくると話題になります。

 

そこで、本当なのかどうか??反対するのはこんな理由!という微妙なおもしろいお話を3つ紹介しますね。

 

カーテンが変色する?!

多くの家庭では、暑い日差しをさけるために、仕事から帰ってきてからカーテンを閉め、日が落ちてからカーテンを開けて空気を入れ替える。

デイライトセービングを実施すると、1時間長くなった分カーテンの変色を早めるというもの。

ジョークでしょ??としか思えませんよね?

 

牛のミルク量が減る?!

牛は毎朝4時にミルクを出しいてるらしいです。それから4時半にトラックでミルクが配達されるというサイクル。

デイライトセービングを実施すると、牛がミルクを出す時間が3時になる。

でも牛たちは時間の変更など知ったこっちゃないので、いつもどおり4時にミルク出す体のサイクルになっていると。

だから時間が早まると牛のミルクが減るらしいというもの。

 

なんとなく、そうかも??って思えるお話ではないですかね??

 

子供達の危機?!

オーストラリアの夏の日差しは半端ありません。

一番避けなければならない紫外線の強い時間とされているのは午前10時から午後2時です。

当然、このピーク時には防止やクリームなどでできるかぎりの予防をしますが、一番いいのは外にでないこと。

子供達の学校はだいたい3時10分に終わり学校を出ます。

サマータイムを実施すると、まさにUVピーク時間の午後2時に学校が終わって外にでることになるため、危険だ!というもの。

クィーンズランド州の北部はもともと熱帯地方で暑いですから、昼間の時間を伸ばすには不向きじゃないかな。

これもかなり納得できる理由かな?って私は思いますね。

 

まとめ

 

日本とオーストラリアの間にはサマータイムになっても、最大で2時間の時差にしかなりません。

旅行に行くにも、電話で話すにもとても楽チンな時差です。

こんなに大きな大陸なのに、国内間の時差もほぼなし!

オーストラリアは日本からの距離は遠くても時間は近い国ですね。

 

スポンサーリンク

-オーストラリアお役立ち情報

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.