ショッピング

日本の歯ブラシはもう要らない♪電動歯ブラシとフロスで虫歯いらず!

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

オーストラリア在住の日本人が、日本帰国時に購入してくる商品で多いのが、歯ブラシです。

 

オーストラリアの歯ブラシは、ブラシの部分がとても大きい上にお値段も高いのです。

 

不便だと思っていたのですが、今回半額以下というお値段で電動歯ブラシを購入しましたので紹介します。

 

日本からの歯ブラシお持ち帰りはもう不要です!

 

スポンサーリンク

 

オーストラリアの歯ブラシはブラシ部分が大きすぎ

 

オーストラリアの普通の歯ブラシは、ブラシの部分がこんなに大きいんです。

パックに入っているのはダイソーで購入した日本サイズ。

オーストラリアの歯ブラシは倍くらいの大きさがあります。

歯ブラシ

 

日本のブラシ部分が小さいのと、お値段も100円以下で買えるという安さが魅力!

しばらく日本に行ってなかったので、日本で買ってきた歯ブラシのストックも切れてしまいました。

 

日本サイズをブリスベンのダイソーで購入したのですが、なんとタイミングよく、電動歯ブラシがオーストラリアのスーパーマーケット、ウールワースにて半額以下でセールになってました!

 

これならブラシも当然小さし、電動なので磨き具合も手動より効果ありそうかも?ということで、20ドルにて購入しました。

元は45ドルとなってましたので、かなりのお得感です!!

電動歯ブラシ

 

簡単!電動歯ブラシの使い方

 

電動歯ブラシは歯の外側はきれいになりますが、歯の間には効果がありません。

 

電動歯ブラシを使っても、はやりフロスを使って歯と歯の間はきれいにする必要があります。

 

電動歯ブラシは、力を入れずに、1-2本の歯を磨き、数秒ごとに移動させていけばいいだけで、外側も内側も、クルクル回転する歯ブラシできれいに磨いてくれます。

 

歯磨き中の振動が、歯医者さんで最後の歯のポリッシュをしてもらっている時の感じに似ています。

 

普通の歯磨き粉では、研磨剤が入っているので、磨かれすぎる恐れがあるようで、ジェルタイプかもしくは歯磨き粉なしでもOKらしいのです。

 

家にあるのは普通の歯磨き粉なので、今使用中のを使い終わったら、ジェルタイプを購入します。

 

歯磨き粉のミントのスッキリ感がやはり欲しいですからね。

 

電動歯ブラシとフロスのダブル使用で虫歯なし!

 

日本にいた頃、私はデンタルフロスを使っていませんでした。

 

オーストラリアに着た20代の前半に、歯医者さんに使うことを勧められて使い始めたのですが、フロスの威力すごいです!!

 

歯の検診のときには、だいたいどこかしら虫歯が見つかっていたのですが、フロスを使うようになったら信じられないくらい虫歯になりません!

 

甘いもの食べなくなったとかそういうことは全くなく、同じように食べていても、夜にデンタルフロスを使うようになったら虫歯にならなくなりました。

 

本当は食後のたびにやるのがいいらしいですが、夜だけでもこの劇的効果!

 

きれに歯を磨いてくれる電動歯ブラシとの組み合わせでもう磨き残しや虫歯の心配もなくなります^^

 

電動歯ブラシはセール時に購入すべし

 

うちの子供たちはすでに数年前のクリスマスセール時に、やはり半額にて電動歯ブラシを購入し、使い始めていました。

オーストラリアではOral-Bはポピュラーなブランドです。

 

ブランドにもよりますが、電動歯ブラシは高価で、40ドル以上するのが相場です。

 

でも、今回のように、セールで半額、もしくは半額以下のお値段で購入できることがあります!

 

今回はウールワースでしたが、他のスーパーや、またはケミストなどでも、電動歯ブラシは大型セール価格の対象になる商品です。

 

クリスマス時期にも安くなりますので、購入を考えている方は、少し待って、是非セール時に購入することをオススメします。

 

歯ブラシの替えの部分も安売りを必ずするので、(本体とは別にセールしたりします)その時に購入するとお得です。

 

 

 

最後に

 

昔は日本に帰国するたびに、大量の歯ブラシを買って帰ってきてました。

 

電動歯ブラシは、ブラシの部分だけを交換できるので、電動歯ブラシを使い続ける限りは、日本での歯ブラシ大量購入は不要になりそうです。

 

スポンサーリンク

 

-ショッピング

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.