オーストラリアの生活

住んでみてびっくり!オーストラリアと日本の生活習慣の違い

更新日:

生活習慣違い

長年オーストラリアに住んでいると、オーストラリアの生活習慣に慣れてくるものです。

 

今では全く何とも思わないようなことでも、オーストラリアに来た当初はびっくりしたり、疑問に思ったりしたことも多かったです。

 

なんで?!どうして?!とびっくりしたり疑問に思う習慣の違いもたくさんあります。

 

オーストラリアと日本でどんな生活習慣の違いがあるのかを紹介します。

スポンサーリンク

サービス関連で気づいた違い

 

ガソリンスタンドは基本的にセルフサービスです。

 

窓を拭いてくれたりガソリンを入れてくれたりというサービスはありません。

 

たまーに田舎に行くとガソリンを入れてくれるスタッフがいたりしますが稀です。

 

窓拭きなどのサービスは皆無です。

 

タクシーのドアは手動です。

 

タクシーは全て手動でドアを開け閉めします。自動ドアではありません。

一人でも基本的に助手席に座る人が多いです。助手席に座らなければいけないルールではないので、落ち着かない方は後ろの席に座っても全く問題ありません。

 

笑顔の店員は少ないです。

 

日本のように、ニコニコと笑顔を振りまいてくれる店員さんは少ないです。

アパレルなどで、若い女性店員が多いお店だと、比較的楽しそうに笑顔で対応してくれる店員が多い傾向にあります。

マクドナルドでさえ、笑顔はマニュアルに入ってないのか?普通の顔で対応するスタッフが多いです。

 

端数のお釣りの計算に弱い店員さんが多いです。

 

例えば、7ドル50セントの買い物をした場合、22ドル50セントを出して、コインではなく、お札だけでお釣りをもらおうとすると、その意図を理解されないことが多いです。

 

間違ったお釣りが返ってきたりすることもあるので、確認が必要です。

 

私は同じような状況で、「20ドルだけで足りるから」って言われて普通にコインでお釣りを渡された経験が何度かありますw

 

バスは手を挙げて止まってもらいます。

 

バス停で自分の乗りたいバスが来たら、基本手を挙げたり、人差し指を伸ばして少し腕を挙げるなどして乗る意思を伝えます。

意思表示をしないとバスは通り過ぎてしまいますので注意してください。

 

何故?!疑問に思った生活習慣の違い

 

雨が降っても傘をささない。

 

何故か雨の中、傘もささずに普通に歩いている人が多いです。パラパラとした小雨ならスーツ姿だろうが、ほぼ傘はさしません。

 

学生などになると、大雨のなか傘もささずに登校している子供達がいっぱいいて、どうやってあの状態で椅子に座るのか??といつも疑問です。

 

裸足で歩く。

 

ショッピングセンターの中や、普通の歩道などでも、素足で歩いている大人を見かけます。シティーでも同じです。

 

家の近所とかなら、普通に裸足で歩いている人も多いです。

 

私も子供に外では靴を履かせるのを徹底させようとした時期がありました。今ではそのおかげか?家の庭や家の周り、公園以外では靴を履きますw

 

公園はほんとに、なぜか子供達の多くが素足で遊びます。

 

ウッドチップだろうが、やわらかいクッションのグランドだろうが、親のいる場所に靴を脱ぎ捨て、裸足になって遊具で遊びます。

 

業者の予約時間の幅が広く時間通りには来ない。

 

インターネットや電話会社系は得に幅が広いと思います。

 

たとえば朝の9時から3時までの間に伺いますとか。

 

ほぼ一日待機ってことですよね??

 

他にも水道の修理とか、電気系の修理とか、業者さんを頼んだら、約束の時間に来ないことも多いので、その日はもう出かける予定を入れないに限ります。

 

他に予定を入れると予定通りに来ないことにイライラするので、ゆったりと待つ!これに限ります。

 

スポンサーリンク

 

え?!こんなのあり??とびっくりした生活習慣

 

スーパーでつまみ食いをする。

 

ぶどうなどは、とりあえず袋に入っているのを適当に食べて味見してから買ったりします。食べて買わないというのもありです。

 

スーパーで働いている夫おずさんには、ぶどうは味見してから買えばいいよって言われるけれど、どうしてもドキドキしてできないのは私が生粋の日本人だから??

 

ぐずってる子供に親が計り売りの乾燥フルーツや、ぶどうなどをつまんであげちゃったりとかも見かける光景です。

 

スーパーでお金を払う前に飲み物を飲んでしまう。

 

これもよくあります。スーパーでショッピングの途中で喉が渇き、冷たいコーラや水のボトルをその場でお金払うまえに飲み始めちゃいます。

 

支払い時に他のものと一緒に半分くらい減った状態でレジの人に、「ちょっと喉渇いて飲んじゃった」と渡しても何も言われません。

 

襟ぐりにファンデーションついたままのトップス

 

女性のトップスで、試着したときについたファンデーションがそのまま売られています。

 

オーストラリアでは、基本的にほとんど試着できます。上も下も、なんでも何も汚れ防止なしでそのまま試着します。

 

購入するときは、襟ぐりは特に注意してチェックしてから購入したほうがいいいです。

 

人前でも鼻はかむ。

 

電車の中だろうが、レストランだろうが、鼻は普通にティッシュでかみます。

 

女性も同じです。抑えるとかではなく、普通に音をたててかんでOKです。

 

鼻をすするほうが嫌がられますのでご注意ください。

 

果物を丸かじり

 

りんごは基本、皮をむかずに丸かじりで食べる。

 

りんごだけでなく、洋ナシ、桃などもそのまま丸かじりする人が多いです。

 

皮と実の間に栄養があるっていうから、理想的な食べ方ですよね。

 

私はどうしても未だに桃を皮ごと食べれません。皮の毛の感触がどうしても気になります。

 

車の一部がへこんだまま走っている

 

車の前がへこんでいたり、バックで電柱とかにぶつけたんだろうなって感じで後ろがへこんでたりする車をよく見かけます。

 

修理の予約がとれないのか、予定まで時間がかかっているのかわかりませんが、結構みかけます。

 

私も以前、後ろを車にぶつけられて、修理の予約が1ヶ月ちょいかかるといわれ、その間後ろのへこんだ状態で運転してました。

 

また、割れてしまった窓ガラスも、ビニールでふさいでテープでとめて走っている車もみかけます。

 

タトゥーは職業に関係ない

 

オーストラリアではタトゥーはファッションの一部の感覚で多くの人が入れてます。

 

プロのスポーツ選手、警察官、学校の先生など、職業には関係ありません。

 

両腕にタトゥーバリッバリに入れた人が普通にスーパーやショッピングセンターのお店で働いているけれど、みなさん一般市民です^^

 

考え方の違い?と思える習慣

 

電車やバスの中でも携帯OK

 

携帯電話は電車やバスの中でも普通に利用されてます。

 

電車だと、数年前からQuiet Carriageといって、大きな音や声で話すのを控える車両が設けられましたが、あまり機能してないように思います。

 

携帯電話はほぼ、どこでも普通に使用されてます。

 

女性の下着みえても普通

 

下着の紐や下着のライン、色など、日本のように隠そうという考えるオージーは少ないです。

 

お洒落な見えてもいい下着ではなく、普通の下着がどちらといえば無頓着的にみえてる気がします。

 

しゃがんだときにジーンズなどのボトムスのウェストからお尻の1/3くらいが見えてる男女も多い!!

 

細かいことや人目を気にしない国民性の現れでしょうか??

 

食料はまとめ買い

 

食料の買い物は、1週間に1回とか2週間に1回など、まとめて買い物するのが主流です。

 

毎日買い物するという習慣はほぼありません。

 

私も1週間に1回週末にスーパーで全ての買い物をします。

 

子供の学校は車で送迎

 

子供は親が基本的に学校まで車で送迎したり、近くの場合は親が一緒に歩いていったりします。

 

中学生、高校生になると、バスや電車を使う子供もでてきますが、それでも一番多いのは車での送迎です。

 

そのため、登校時間、下校時間の学校付近はとっても混雑します。

 

 

最後に

 

書き出してみると結構あるもんですね。

 

当たり前になって気づいてない習慣の違いももまだまだありそうです。

 

私が感じるオーストラリアの生活習慣は、のんびりゆっくりという考え方が基本にあるんじゃないかなと思います。

 

スポンサーリンク

-オーストラリアの生活

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.