食べ物・レストラン関連

ブリスベン・サニーバンクでアジアン食材の買物とランチを楽しむ♪

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

今回はアジアの食材・安くておいしいレストランを探しているあなたへ、ブリスベンのチャイナタウン、サニーバンクを紹介します。

 

サニーバンクは日本の食材やアジアの食材が買えて、おいしくて安いランチまで楽しめてしまう♪

 

ブリスベンは、日本食や中華、韓国料理などのアジア料理が食べたいと思ってもなかなか1箇所にお店が立ち並んでいる場所はありません。

 

サニーバンクはたくさんのアジアの食材店やレストランが所狭しと並んでいるので、活気もあって選択肢も迷うほどたくさんあります。

 

サニーバンクに行くときの参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

サニーバンクへの行き方

 

サニーバンクはシティーから少し離れています。車で行くのが一番便利です。

車で20分くらい、無料の高速を使って行けるのでそれほど遠くはありません。

シティーからだとM3という高速にのって、Main Rdで降りてまっすぐ運転すると着きます。

 

ブリスベンシティーからバスだと40分前後かかります。

 

こちらで検索できます。↓(end locationでKmart Sunnybank Plaza; McCullough Street, Sunnybank QLDを選択することができます)
⇒サニーバンクへのバスでの行き方

 

 

サニーバンクの中心は、Mains RdとMcCullough Stという大きな道路がぶつかるインターセクションを中心に4つに別れています。

そのインターセクションを隔てたメインの1つがSunnybank Plaza、もうひとつがSunnypark shopping centreです。

 

どちらもショッピングセンターを中心にその付近もお店がごちゃごちゃとあって楽しいです。

 

私はSunnybank Plaza側をよく使いますが、Sunnypark Shopping centre側のほうが、小さなお店が外も中もあふれているという感じです。

 

大通りを挟んでどちらも徒歩で行き来できるので、是非両方をみてお好きな方でショッピングや食事を楽しんでみてください。

 

 

アジアの食材が揃う食材店

 

私がよく使うアジア食材店はこちらです。

 

Sunnybank Plazaの外の駐車場下にあります。通路が狭くて、週末は店内が商品と人であふれています。

2018年11月にリニューアルされて通路も広めになり整頓されたお店となってますます利用しやすくなりました!

 

アジアングロッセリー

アジアングロッセリー

 

日本でお馴染みのアイスミルクティーやロールケーキなど、アジアのお店でしか買えない商品がいっぱいです。

アジアングロッセリー

 

中国の製品がメインですが、韓国、日本食も揃っています。

アジアングロッセリー

 

ソースやペースト類もたくさんありますが、似たような漢字がいっぱい書いてあるので判別が難しいです。

英語表記もされてないものもあります。

アジアングロッセリー

 

アジアングロッセリー

 

韓国のカップめんに非常に心惹かれたのですが、英語表記がなく、なんとなく辛そうなラーメンかなとは思ったのですが不安だったので断念しました。

アジアングロッセリー

 

アジアン食材店でしか購入できないフルーツや野菜もあります。

青梗菜やほうれん草といった野菜はコールスやウールワースよりもアジアン食材店のほうが安いです。

アジアングロッセリー

 

サニーバンクでおいしいランチがあるおすすめのお店!

 

ランチは選ぶのが大変なくらいたくさんお店があります。

私がよく利用しているのはこちら、Sunnybank Plaza内にあるお店です。

お昼時はとっても混みます。

 

テーブルと椅子が外に用意されてますが、大きなお店ではないので、ランチ時間はいつもほぼ満席。

 

店内にはカウンターが少しあります。少しお昼時の時間をずらすといいかもしれません。

 

ランチ

 

こちらはワンプレートに肉1週類にベジタブル3種類から、好きな組み合わせを選べます。

肉2種類にベジタブル2種類とか、組み合わせで値段も微妙に違います。

写真と値段とともに説明が表示されているのでわかりやすいです。

ランチ

 

ワンプレートの盛り合わせ以外にも、麺類などのメニューもあります。

 

こちらはのbeef soup noodle。ビーフの塊がとろっとろにやわらかく煮込んであり、でスープも味が濃くてとてもおいしいです。

ヌードル

 

白菜やにんじん、しいたけといったお野菜も入っててバランスも良し^^

これで12ドルくらいだったと思います。

ヌードル

 

アジアのパン屋さん

 

パン屋さんもいくつかあります。

オーストラリアのパン屋さんは日本のパンとは全く違い、固めのパンが多いです。

デニッシュ系やパイなども多いです。

 

日本のパンが恋しくなった時は、中華系のパン屋さんで同じようなパンを購入できます。

 

日本のパンのようなもちもちしていて少し甘めのパンが購入できるのがアジアのパン屋さんです。

一袋ずつ梱包もされていて、日本のパン屋さんと同じような感じです。

 

他にもトレーを持って、自分でトングで好きなパンをトレーに乗せてレジに持っていくという形式のパン屋さんもあります。

パン

 

本日は以下を購入しました。

甘い味付きパン、ソーセージパン、バーベキューポークパンです。

パン

 

日本の大判焼き?私は今川焼きと呼んでましたが、目の前で焼いているお店もあります。

なんと、たいやきもありました!

大判焼き

大判焼き

 

お肉類は韓国のお肉屋さんへ

 

日本のような薄切り肉を買うなら、アジアのお店でないと購入できません。

 

ローカルのスーパーには日本のような薄切り肉は置いてないんです。

私はいつも、日本の食材店か、サニーバンクの韓国のお肉屋さんで購入します。

 

こちらの韓国のお肉屋さんMeat Bank はお肉の匂いもなくて(ときどき他のお肉屋さんで購入するとポークの匂いがきついものがあったりします)質がいいと思います。

butcher

 

すでにマリネードしてあるブルコギもあります。

私はいつもビーフの味付きブルコギを購入してます。

 

フライパンで焼くだけなので、忙しい日には重宝してます!まさに主婦の見方!

butcher

 

サニーバンクとチャイナタウン

 

ブリスベンにはシティーの近くにfortitude valley(フォーティチュードバリー)という名前の地域があります。

ブリスベンでチャイナタウンというと、フォーティチュードバリーを思い浮かべる人が多いと思います。

 

私がシドニーからブリスベンに引っ越して、初めてチャイナタウンに行ったときは、あまりにも閑散としてて驚きました。

 

シドニーのチャイナタウンはほんとに活気にあふれていて、平日でも休日でもあちこちで中国語がとびかっていました。

 

人もごった返していて楽しい街でしたが、ブリスベンのチャイナタウンは静か。

 

今は当時よりもお店も増えて少しは活気がありますが、それでも中ではあまりチャイナタウンというイメージがありません。

 

フォーティチュードバリーは古いチャイナタウン、もともとは西洋人観光客向けに作られたチャイナタウンだそうです。

 

今はチャイナタウンというよりも、ナイトクラブやパブなどで盛り上がる夜の街というイメージです。

 

それに比べて、サニーバンクは新しいチャイナタウン。

 

活気にあふれ、中国人や台湾人で賑わうブリスベンの本当のチャイナタウンです。

 

 

サニーバンクの安くておいしいレストラン紹介

 

安定のおいしさのベトナム料理。

 

安い!うまい!早い!の3拍子揃った日本食!

 

サニーバンクすぐ近くのショッピングセンターでアジアの食を楽しむ!

 

 

最後に

 

サニーバンクはとにかくお店があちこちにたくさんあって、見所満載。

ぶらぶらお店を見ながら歩くだけでもとっても楽しめます。

 

ショッピングセンター内だけでなく、外にもお店がいろいろあるので、外も散策してみてください。

 

食べ物もアジアの飲食店が中心なので、焼肉、お寿司、麺類、スイーツ、食べたかった味がきっと見つかるはず。

是非サニーバンクでアジアの食を楽しんでください。

 

 

スポンサーリンク

-食べ物・レストラン関連
-, , , , ,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.