人生の考え方

海外生活は自分を変えた!私の価値観と考え方の変化

更新日:

光

 

海外に出ると視野が広がるとか、考え方が変わるという話をよく聞きます。

果たしてそれって本当なのか?と半信半疑の方もいることでしょう。

私の体験から言わせてもらと、海外生活はかなり、価値観や考え方に影響します。

海外生活で変化した私の価値観、考え方を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

海外生活で変化した私の考え方

 

カッチカチA型人間だった昔の私

 

私は昔から、周りにはA型には見えないと言われていたのですが、自分では、几帳面、細かいことが気になる典型的なA型人間だと思っています。

スケジュールとかもきちんと時間通りに進むのが好き。

ちょっとでも予想外のことが起こったら対応できずアタフタするタイプ。

小心者で石橋を叩いて渡るタイプです。

この性格は、特にここオーストラリアではとても難儀なタイプになります。

 

 

日本とオーストラリアの違い

 

日本は時間にとても几帳面です。公共交通機関は時間通りにきっちり運行しますし、仕事も丁寧できっちりこなすのが当たり前。

細かいところまで気遣いや気配りができるのが日本のいいところ。

 

一方オーストラリアはというと、時間にはルーズです。仕事に対しても、残業して何が何でも終わらせるということもほとんどありません。

ゆるく、カジュアルなのがオーストラリアのいいところ。

 

イライラからの、ま、いっか。

 

とにかく物事が予定どおりに進まないことが多く、最初のころはイライラ、ストレスを感じることもしばしばでした。

私が旦那おずさんによく言われていた言葉が、「relax (間のびした言い方、リラ~クス)」 と 「Chill out こちらものばし気味に、チ~ルア~ウト」。

まあまあ、リラックスしなよ~、ゆっくりしなよ~、落ちつきなよ~みたいな感じの言葉です。w

 

不思議と、だんだんイライラするのがばからしくなってくるんです。

イライラしたところで、何も変わらないんです。だったらおずさんじゃないけど、リラックスしとけばいっか?みたいな。

オーストラリアでは、終業時間がきたら退社してプライベートの時間を楽しむ。それが基本。

定時で退社する人がほとんどです。

国民柄というかお国柄というか、とにかく全体的にのんびりしている中、自分がアクセクしたところで何も変わらないんですよね。

 

ゆるりとしたオーストラリアでゆるりとした生活の人々が多い中、いい意味で自分もいつの間にやら適当になってました。

ゆるりとしていたほうがプレッシャーも少ないし、過ごしやすいイライラも減ります。

 

いろんな価値観、考え方の違いを受け入れられるようになった

 

オーストラリアは移民が多く住む国です。いろんな国からいろいろな事情で移住してきた人々がいます。

日本にいたときは、同じ国で生まれ育って、同じ教育を受けてきた日本人がほとんどでした。

 

個人の考え方や価値観の違いはあっても、根本的な考え方や感じ方が似ているので、それほどの違いを感じることもありませんでした。

 

それが、国の異なる人々となると、根本的な考え方、価値観の違いを感じることがたくさんできてきます。

ことばの違い、文化の違い、習慣の違い、自分にとっての常識、あたりまえが、常識でもあたりまえでもないこともあります。

 

異なる国の人々と交流すると、自分の考え方がいかに偏っていたものだったのかに気づきます。

賛成反対好き嫌いの前に、まずは、そういう考え方もあるということを受け入れることが大事。

 

オーストラリアのような多文化の国で生活する中で気づくことのできた私の大きな変化だと思います。

 

最後に

 

海外、特に多文化の国で生活すると、日本にいたときには気づくこともなかったことに気づくことがあります。

そういう小さな気づきや発見を繰り返して、自分との違い、違いを受け入れる柔軟性が養われていくのかもしれないですね。

海外生活はかなり、価値観や考え方に影響します。

スポンサーリンク

-人生の考え方

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.