オーストラリアの生活

ブリスベン不安定な10月の天気に注意・雨、雹、真夏日の服装は?

更新日:

異常気象

 

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

ここ最近ブリスベンの天気が荒れまくっています。

雨が続いたと思ったら突然真夏のような蒸し暑さになったり、雹があちこちで降ったりとニュースを賑わしています。

 

これからオーストラリアは夏モードへ突入していきますが、突然天気が変わったりするので油断できません。

 

ブリスベンを観光される予定の方にはもうしばらく不安定なお天気となりそうです。

 

スポンサーリンク

 

長雨が続いたブリスベン

 

今回の雨が降る前までは干ばつが続き、あちこちで農家をサポートするための基金集めなどがテレビやラジオを通して大々的に放送されていました。

 

家の周りを見てもどこもかしこも茶色に枯れた芝生があちこちでみられ、公園や散歩道などの緑も長い間枯れ果てていました。

 

それが雨が降ったと喜んでいたら2週間ほど雨続き。

 

大雨になったりする日もあって、ブリスベンの人たちも、雨乞いしていたのが嘘のように、いい加減やんでくれないかという声もチラホラしだしていました。

 

雨続きのあとは、夏日と嵐と雹

 

やっと雨がやんだら、今度は真夏のような蒸し暑さ。

ニュースやネットではあちこちでピンポンボールサイズの雹が降ったりして、その時は今度は一気に温度が下がりました。

うちのほうは激しい雨だけで済みましたが、雹が降った地域では車や家の被害が大きく出たところもあるほど。

 

その後、昨日は30度を超えるところも出たりして、我が家もクーラーを入れたくらいです。

しかも雨の後ということもあり、湿気が結構あってムシムシした暑さ。

 

なんだか最近のブリスベンは何でもありという天気です。

ブリスベンといっても、地域によって温度さも数度あったり、一方では大粒の雨、一方では大粒の雹といった具合で、かなりの差があります。

 

今後のブリスベン

 

これからは夏にどんどん向かっていくブリスベン。

明日はまたとんでもなく暑くなる予報で最高気温35度という恐ろしい予報になっていますが、その後は20度後半くらいを保っていく予想です。

 

朝晩もそれほど寒いということもなくなってきてます。

最低気温も17-18度くらいになってるので、心地いいです。

 

昼間はもう長袖は着ないですね。

半袖またはノースリーブでも大丈夫なくらいです。

ちょっと気温が下がったりしても、半袖になにか上着を羽織る程度で過ごせます。

雨が降ったり曇ったりすると温度が下がりがちなので、薄手の羽織物を持ち歩くと安心です。

⇒ブリスベンの冬の服装はこちら

 

天気のパターンの変化

 

昔のブリスベンは夏でも湿気は少なく、カラっとした天気で、35度という温度でも湿気が少ないのでそれほど暑く感じないくらいでした。

 

それがどんどん湿気を帯びた夏になってきています。

昔は夕方に夕立や嵐が来て、そのあとはカラっとした天気という日を繰り返して夏にになっていったのに、お天気の傾向もここ10年以上の間にだいぶ変わってきています。

 

9月10月は日本とブリスベンの気温差があまりないので、訪れるのにはいい時期だと思いますが、最近の東京の温度を見ると20度前後。

 

ブリスベンに来たらいきなり夏!って感じるかもしれませんね。

 

今夜は昼間は夏の暑さでしたが、夜は嵐が来て、涼しくなりました。

短い時間でしたが、子供達と寝る前に夜空のきれいなアートを楽しみました。

雨はさほど強くはなく、時々走る稲妻がきれいです。

 

最後に

 

基本的にブリスベンは雨が少なくお天気続きの日が多いので、観光としては楽しめる日が多いです。

お天気が崩れると、ちょっと崩れっぱなしの最近のブリスベン。

急に肌寒くなることもあるので、夏服+羽織るものがあれば心地よく過ごせると思います。

雨降りの日や暑すぎ日は美術感めぐりなどいかがですか?

⇒雨の日のブリスベン観光と過ごし方

 



  5mail

  5mail

  5mail

    5mail

    5mail

    5mail

 

-オーストラリアの生活
-,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.