オーストラリアの生活

オーストラリアの郵便事情と住所の書き方。

更新日:

日本からオーストラリアへ手紙などを送る時や、オーストラリア在住者が国内で郵便サービスを使うときの住所の書き方は、日本のそれとは異なります。

オーストラリアの郵便事情と住所の書き方について紹介します。

スポンサーリンク

オーストラリアの郵便事情

 

オーストラリア郵便局(Australia Post)はオーストラリア政府によって管理されています。

ショピンセンターや、お店が並ぶコンプレックスのあちこちに、ポストオフィス(Post Office)と呼ばれるオーストラリア郵便局があり、たくさんの人に利用されています。

最寄の郵便局を探す

また、郵便局以外には以下の民間の宅配サービスがあります。

DHL

UPS

FedEx

費用を抑えるならオーストラリア郵便局、スピード重視なら民間の宅配サービスを考慮するといいかもしれません。

 

オーストラリア郵便局でできること

 

郵便局には、郵便を送る際に必要なものが取り揃えてあります。梱包材、各種いろいろなサイズや種類の封筒、切手などその場で購入して郵送することが可能です。

そのほかにも、ギフト用品やカメラ、PCデバイスなど、いろいろな商品も販売しています。

また、公共料金の支払い、パスポートの’写真撮影などさまざまなサービスも郵便局で提供しています。

 

オーストラリアの住所の書き方

 

ブリスベンの領事館の住所を使って紹介します。

① 名前

② ユニット番号や階数、ストリート番号とストリート名

③ サバーブ名、州、郵便番号、国名(国内便なら国名不要)

住所

 

封筒の淵部分のピンクと黄色の部分は空けておきます。

封筒の右下に4つの四角いボックスがプリントされている封筒もあります、その場合、4つのボックスには4桁の郵便番号を記入します。

 

ユニット番号(部屋番号)がある住所の例(それぞれのユニット番号が振られているアパートなどの建物なら、階数は不要)

Mr. John Smith

Unit7 12 creek street

Brisbane QLD 4000 Australia

となります。

 

封筒の裏には同じ形式で、差出人である自分の名前と住所を記載しておきます。差出人不明などの場合の返送先となります。

 

 

また、州名は一般的に省略して記入します。

日本語 英語 略称
ニューサウスウェールズ州 New South Wales NSW
クイーンズランド州 Queesland QLD
ノーザンテリトリー Northern Territory NT
ビクトリア州 Victoria VIC
南オーストラリア州 South Australia SA
オーストラリア首都特別地域 Australian Capital Territory ACT
西オーストラリア州 Western Australia WA
タスマニア州 Tasmania TAS

 

オーストラリアのポスト

 

オーストラリアのポストは赤と黄色の2つのポストがあります。

赤は国内、または国際普通郵便、黄色はエキスプレスポスト(速達郵便)用となっています。

速達便の場合は、郵便局で販売している、速達用の封筒を使って投函する必要があります。

普通郵便は全て赤いほうのポストに投函します。

 

まとめ

 

オーストラリア郵便局はサービスも幅広く、いろいろな商品も販売しているので、オーストラリアに在住者にとってはお世話になることも多いです。

営業日や時間がそれぞれの郵便局によって異なるので、調べてから行くことをオススメします。

住所の書き方も是非参考にしてみてください。

 



  5mail

  5mail

  5mail

    5mail

    5mail

    5mail

 

-オーストラリアの生活
-, ,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.