海外子育て

子供を預けて夫婦でデートは悪い事?夫婦でお出かけする理由と注意点

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

夫婦でお出かけ

「週末子供を知り合いに預けて夫婦で一日ゆっくりお出かけしてきたのよ!」

 

「子供を預けて夫婦で一泊旅行に行って来たのよ。」

 

友人ママからそんな話を打ち明けられたらあなたはどう反応しますか?

 

子供を誰かに預けてまで夫婦で出かけるなんて、子供がかわいそう?

 

子供を預けて夫婦だけで楽しむなんて親として自覚が足りない?

 

子供のいる夫婦は子供抜きで親が楽しむと、何故か批判されることがあります。

 

嫉妬でしょうか?それとも本当に子供がかわいそうだと思っているから?

 

子供を預けて夫婦の時間を楽しむことは悪い事なのでしょうか?

 

私は夫婦だけの時間を過ごすことは家族の幸せにも大事な時間だと思っています。その理由について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

自分を取り戻す時間や夫婦だけの時間が必要な理由

 

理想の母親

子供と仲のいい母親になりたい、子供の長所を伸ばしてあげられるような母親になりたい、子供がなんでも話してくれるような頼れるお母さんになりたい。

 

最初は誰にでもこういう母親になりたいという、自分の中の理想の母親像ってあるものです。

 

 

実際に子育てしていると、次から次へとやることだらけ、子供は思うようにならないし理想としていた母親像とはかけ離れた母親になっているようで落ち込むことだってでてきます。

 

 

自分自身を大切にする余裕がない中では、自分の理想とする母親になることはとても難しいです。

 

自分の心をケアする時間を持つことでまたがんばろうという気持ちも生まれてきます。

 

夫婦の関係と家族関係

育児が大変な時期ってどうしても子供ばかりに愛情も神経も集中してしまいますよね。

 

 

旦那様とお話するのは子供に何か問題があったときや、請求書の支払に関してとか、事務的な手続きの会話をするだけの関係になってしまってませんか?

 

 

子育て中はお互い仕事、子供の世話に疲れきって夫婦の倦怠期となることも多いものです。

 

子供の世話に手一杯で夫婦の関係にまで手が回らないという関係になってしまいがちですよね。

 

でも子育て中は夫婦の関係が崩れると母親の心の負担はとても大きくなりがちです。

 

 

夫婦だけででかけることで子供が生まれる前の夫婦の関係を思い出したり、二人の関係を見つめなすきっかけにもなります。

 

夫婦の関係が良好だと子供も幸せ、それが結果として幸せな家族につながっていくものだと思いませんか?

 

子供を預けて夫婦で過ごすときの注意点

 

お金をかけなくても楽しめる

夫婦で出かけて楽しい時間を過ごすために、何をするかにもよりますが、一泊したり、レストランで食事をしたり、遠出をしたりある程度の金銭的負担がかかることもあるかもしれません。

 

 

親としては子供がやりたいことを我慢させたり、子供に必要なお金を使ってまで夫婦の時間を優先することは罪悪感があってできないものです。

 

お金をかけなくても、夫婦ででかけて共有の時間を過ごす方法はいろいろありますよ。

 

ランチ持参で近場にピクニックにいったり、クーポンやディスカウントチケットを探して映画やランチを楽しんだり、夫婦水入らずの時間をすごすことに意味があります。

 

子供を安心して預けられる状態かどうか

お子さんのよっては、トイレトレーニングの最中だったり、親と一緒じゃないとなかなか寝付けないなど、年齢や性格によってお泊りできない場合などもあります。

 

 

あなたのお子さんの状態をよく見極めて、お泊りはだめでも昼間なら預けても大丈夫とか、お子さんも安心して楽しめる状況を作ってあげてください。

 

友人や家族の家に一泊預かってもらうなどの場合なら、○○ちゃんのお家にお泊りしてこんなことするんだよ~とかそのお泊り自体がワクワクすする特別なことのように話してみたり、気分を盛り上げてあげるとお子さんも楽しみにしてくれるはずです。

 

 

友人宅にお子さんを預ける場合は、友人のお子さんも今度は自分が預かってあげるということになりますから、あまり頻繁に預けるのも大変になります。

 

誕生日や結婚記念日などの特別な日にだけ夫婦だけでお出かけするというのもいいかもしれませんね。

 

休みを合わせる

シフト制の仕事などで、平日のお休みの場合は、ときどきでもいいのでお休みを夫婦で合わせることをオススメします。

 

子供の年齢によりますが、学校に通う年齢なら、子供達が学校にいっている間に人に預けずに夫婦でお出かけすることができます。

 

私たち夫婦は2週間に1回平日のお休みが同じ日になるのでそこで夫婦だけの時間を過ごしています。

 

子供が学校の終わる3時くらいまでですが、外にランチにでかけたり、ちょっとしたドライブにでかけたり、結構ゆっくりできますよ。

 

スポンサーリンク

 

夫婦だけのお出かけが批判されるのは何故?

 

子供を預けて夫婦だけで出かける、夫婦だけの時間を楽しむことを批判する人たちもいます。

 

夫婦で出かけたいのに近くに子供を預ける家族や友人がいない場合や、ベビーシッターをお願いする経済的余裕がなかったりする場合、嫉妬して批判する場合もあります。

 

それは自然な感情です。

 

私も子供が小さい頃、出かけたくても夫婦二人だけの子育てだったので近くに子供を預けられる人がいませんでした。

 

家族に子供を預けて出かける友人夫婦を見てはうらやましいと思っていた時期もあります。

 

 

でも子供の成長とともに子持ちの友人は増えますし、生活環境も変わってきます。それとともに自分の考えも変わったり、母親としての考え方も変わってきます。

 

実際に子供を預けてまで夫婦で過ごすのはおかしい、子供がかわいそうと思っている人もいるでしょうし、夫婦だけで楽しい時間をすごすのではなく家族全員で過ごすべきという考えの人もいます。

 

その考え方はわかりますが、夫婦の良好な関係が家族の幸せになると思えば、たまにでも夫婦だけで出かけることは有意義だと思います。

 

最期に

 

お母さん業って普通の仕事に比べてどれだけがんばっているかとか、母親としてどの程度のレベルにいるのかという判断基準がありません。

 

 

もちろん給料にそれが反映されなければ、表彰されるわけでもありません。

 

 

自分がいい母親である判断基準のひとつとして、他の母親と比べて自分のほうが母親としてきちんとしてる、がんばってるって思ってしまうこともあります。

 

 

だから批判されると、自分てダメな母親?と凹んでしまいがちですよね。

 

子供を預けて夫婦ででかけることは悪いことではありません。

 

きちんとした予定を立てて子供を預け、夫婦の時間を過ごすことで、子供も家族も幸せになる大切な時間です。

 

ときどきは夫婦だけの時間を楽しんでみてください。^^

 

スポンサーリンク

-海外子育て
-, , , ,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.