ショッピング

海外の100均ショップ上手な使い方。ダイソーとどう違う?

更新日:

こんにちは、ブリスベン在住のりぃです。

 

日本の100均は製品のクオリティーの高さと反比例なお値段で海外でも大人気です。

 

オーストラリアでも、ここブリスベンを含め、主要都市でダイソーが大活躍しています。

 

海外にも100均ショップのようないわゆるディスカウントショップがあります。

 

日本の100均ショップのような感じでお値段が安いものを中心に販売されていて利用するお客さんも多いです。

 

でもオーストラリアのディスカウントショップとダイソーを比較するとかなり違いがあるのも事実。

 

オーストラリアの100均ショップとダイソーを使い分けながら上手に利用すると便利です。

 

オーストラリア版100均ショップの上手な使い方について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

オーストラリア版ディスカウントショップ大手チェーン店

 

ダイソーは大きなショッピングセンターやシティーに入っていますが、ディスカウントショップはもっと多くの場所に点在しているのでアクセスには便利です。

 

以下が代表的なディスカウントショップになります。

私がよく利用するのはThe Reject shopとBargain Cityです。

bargain city

理由は単に近所にあるからとかよく行くショッピングセンターにあるからという単純な理由です。

 

日本の100均はお店によってそれぞれの商品に特徴などがありますが、オーストラリアのディスカウントショップはお店による商品の大きな違いは見受けられません。

 

ショッピングセンターに行けば、ひとつは大手、もしくはプライベートのディスカウントショップが入っています。

 

ダイソーとオーストラリアディスカウントショップのお値段

 

オーストラリアのダイソーは基本A$2.80。

 

ダイソーは日本では100円均一としてお得感満載ですが、オーストラリアでは基本2ドル80セント。

 

ちょっと微妙なお値段です。

 

物によっては3.8ドルとかそれ以上しますから、100均の感覚で買い物すると、レジで支払う時に、20ドルとか30ドルとかにすぐになってしまってびっくり。

 

オーストラリアのディスカウントショップは、1ドルから商品がありますが、均一の値段ではありません。

 

1ドル~2ドルの商品を中心に、大きな物だと数十ドルという商品もたくさんあります。

 

ディスカウントショップだかといって、全てが他と比べて安いわけではありません。

 

 

ローカルのディスカウンショップで購入するとお得な商品

 

ディスカウントショップよりも普通のスーパーの方が安いときもあるし、品質面でちょっと。。。

 

ってなる商品もあるので、値段の安さにつられて購入すると後悔することがあるので注意が必要です。

 

こんな商品ならディスかウントショップがおすすめと思う商品をまとめてみました。

 

  • カードやラッピングペーパー

オーストラリアでは、誕生日や特別なイベント時にカードやプレゼントを送ることが多い!

 

誕生日や結婚記念日、結婚式、バレンタインなどなど。

 

カードは普通のお店やスーパーで購入すると4ドルから7ドル位します。

 

ディスカウントショップだと、カードは$1ドルからデザインもいろいろ選べます。

 

ラッピングペーパーなら50セントから購入できるし、種類も豊富なので、是非活用するべし!

カード

  • ヘアケアのアクセサリー

ヘアピン、ヘアバンド、ヘアゴムやヘアブラシは普通のスーパーより安いし品質の差はあまりありません。

 

オーストラリアの学校では、学校によって色が指定されているヘアゴムがあります。

 

ブルーのヘアゴムとか、グリーンのヘアゴムとか。

 

学校で購入すると高いので、お子さんがいるなら、ディスカウントショップを利用すると安上がりです。

 

  • パーティーグッズ

オーストラリアでは、人を呼んでの週末のパーティーやバーベキューにピクニック、子供の誕生日会だど、人が集まって食事をする機会も多い!

 

そんな時に重宝するのが、紙やプラスチックのカップやお皿、ナイフやフォーク。

 

ディスカウントショップで全て安いお値段で揃ってます。

 

デザインや色も豊富だし、使い捨てと考えるとこのクオリティーでこのお値段に大満足です。

 

私は子供の誕生日会にはいつもディスカウントショップでパーティーグッズを揃えます。

パーティーグッズ

パーティーグッズ

 

スポンサーリンク

 

ディスカウントショップよりダイソー・普通のお店で買ったほうがいいもの3種類

 

  • サランラップやアルミホイル

普通のスーパーでもかなりお得なお値段で購入できます。

 

ディスカウントショップだとお安いってイメージがあります。

 

でも、メーター単位で計算すると、普通のスーパーのほうが安かったりします。

 

また、まとめ買いすることで普通のスーパーのほうが安いこともあるので、私は普通のスーパーの商品を購入しています。

 

  • 乾電池は購入前に種類の確認を!

乾電池に種類があるのをご存知でしたか?(私は知りませんでした)

 

ディスカウントショップの安い電池は carbon-zinc(マンガン電池)という種類が多く販売されてます。

 

アルカリの乾電池は長持ちするけど、マンガン乾電池は、携帯ラジオやリモコンなどの休み休み使う小さな電流機器向けの乾電池。

 

電池は普通のスーパーはとても高いです。

 

その点ダイソーは$2.80でアルカリ電池が購入できるので、アルカリ電池はダイソーがお得ですね。

 

  • 学校関連の文房具

クリスマスが終わって1月になると、あちこちのお店で、back to school のセールが始まります。(オーストラリアの学校は1月からが新年度)

 

普通のお店でディスかウンショップよりも、デザインもかわいくて品質も良い文房具用品がセール価格になります。

 

ディスカウントショップで日本へのお土産商品

 

日本の100均商品は海外へのお土産としてはどの商品も十分通用するデザイン、機能、クオリティーです。

 

日本からオーストラリアへのお土産でも、100均のかわいい文房具やキッチン用品なども喜ばれます。

 

その点、残念ながらオーストラリアのディスカウントショップは、クオリティーやデザインなど日本へのお土産にするにはちょっと厳しいのが現状です。

 

全体的にかわいらしいというものが少ないですね。

 

お土産になりそうな商品も少ないです。

 

ディスカウントショップで日本用のお土産に一番オススメなのはオーストラリアのカレンダーです。

 

$2くらいから購入できて、オーストラリアの山やビーチなど自然の写真や、アボリジニーアートのカレンダーなど、お土産にはぴったり。

 

但し、年の後半ともなると、カレンダーも今さら。。。となるので、期間が限定されますが。。。

 

あとは、ディスカウントショップでオーストラリアのコアラやカンガルーなどを刺繍したティータオルや鍋つかみなどを売ってるお店もあります。

 

過去に私はコットン100%のティータオル、エプロンと鍋つかみセットなどをお土産用にディスカウントショップで安く購入しました。

 

帰国前にあちこち覗いてみると、たまにいいものが見つかるので、行ってみる価値はありです。

 

 

最後に

 

ダイソーとディスカウントショップ、そして普通のスーパーを、購入商品に合わせて使い分けると便利です。

 

オーストラリアのディスカウントショップはパーティー系グッズには一番おすすめです。

 

学校の文房具は普通のローカルショップ、その他はダイソーって感じですね。

 

長く使いたい商品や品質にこだわりがある場合は別として、消耗品やイベント用としてはかなディスカウントショップもダイソーなどの100均もお得です。

 

たまに掘り出し物も見つかったりするので、用がなくてもディスカウントショップを覗いてみると面白いかもしれませんよ。

 

用途に応じて是非活用してみてください。

 

スポンサーリンク

-ショッピング
-, , , ,

Copyright© Easy going life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.